「いい意味で1年生らしくない」青森山田のスーパールーキー・松木玖生の大活躍に、プロ内定の先輩たちも称賛!【選手権】

カテゴリ:高校・ユース・その他

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年01月03日

先制点を左足で、4点目をヘディングシュートで奪取

2ゴールで3回戦突破を力強く引き寄せた松木。古宿理久との中盤でのコンビネーションも注目だ。 写真:浦正弘

画像を見る

[高校選手権3回戦]青森山田4-1富山一/1月3日(金)/浦和駒場

「いい意味で、あんまり1年生という感じじゃない」

 これは富山一との3回戦を終えた、青森山田でボランチの一角を任されている古宿理久(3年)の言葉だ。前回王者の青森山田は今大会初の失点を喫したものの、セットプレーから鮮やかに4点を奪い、危なげない勝利を収めた。

 この試合で2ゴールを決めて勝利に貢献したのが、U-16日本代表にも名を連ねる1年生MF、松木玖生(くりゅう)だ。

 この日は4-2-3-1の2列目で右サイドを務めた松木は、初戦となった2回戦の米子北戦でも先制点を決め、この3回戦でも先制点をマーク。7分、左サイドから内田陽介(2年)のロングスローを藤原優大(2年)が頭でそらし、FW田中翔太(3年)がシュート。これはGKに弾かれたが、こぼれ球を詰めていた松木が左足で流し込んだ。

 前半を1-0で折り返すと、44分にはFKから田中、59分には右CKから神田悠成(3年)がヘディングシュートでネットを揺らし、得点を積み重ねる。68分にセットプレーから1点を返されたが、74分には左CKから再び松木が頭で流し込み、4点目をゲット。試合を決めた。

 早くも本大会で3ゴールを記録した1年生の働きを、黒田剛監督は「少しずつ自信がついてきたように感じる」と評した。

 自身も強みと認める「メンタルの強さ」を武器に物怖じせず、献身的な守備で古宿とともにチームの”心臓”を担い、組織的なサッカーを支える。この試合でも度々セカンドボールを繋ぎ、スペースを埋める動き、攻撃面でも相手守備陣を翻弄するサイドチェンジなど、広い視野を活かしたプレーで、チームにアクセントを加えていた。

 そして、来季の浦和レッズ加入内定の主将・武田英寿(3年)は松木について、「点を取り切ってくれて、チームのために献身的に守備もしてくれるので助かってます」と語り、中盤の底でコンビを組む横浜FC加入内定の古宿も「いい距離感で出来ている。カバーリングもしてくれて、冷静。いい意味であんまり1年生という感じじゃない」とその働きを認めている。

 いずれ海外でのプレーも視野に入れているという1年生。まだ選手権では2試合を終えたばかりだが、青森山田の連覇達成へのキーマンとなり得る活躍ぶりだ。

 1月5日に行なわれる準々決勝で、青森山田は今大会屈指のアタッカー陣をそろえる昌平(埼玉)と対戦する。

取材・文●熊介子(サッカーダイジェストWeb編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ