2本をストップし圧巻のPK戦3-0勝利に貢献! 仙台育英GK佐藤文太が見せた3年間の成長

カテゴリ:高校・ユース・その他

小林健志

2019年12月31日

退場したチームメイトを救うPK戦勝利

PK2本をストップし、勝利に大きく貢献したGK佐藤文。「蹴る瞬間まで待つ」という姿勢が結実した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[高校選手権1回戦]仙台育英1(3PK0)1五條/12月31日(火)/等々力

 PKを止めると笑顔でガッツポーズ。堂々たる姿を見せた守護神がチームの窮地を救った。

 12月31日等々力陸上競技場で行われた第98回全国高校サッカー選手権1回戦・仙台育英(宮城)-五條(奈良)の一戦は、45分にCKから五條FW菅田剛平(3年)のヘディングシュートで先制するが、仙台育英がFKのこぼれ球をFW佐藤遼(1年)が右足でゴールに押し込み同点。仙台育英はその後DF中川原樹(3年)が退場し、10人となったがどうにか持ち堪え、1-1で試合はPK戦へと持ち込まれた。

 仙台育英の城福敬監督が「1、2本は止めるだろうという信頼があった」と言えば、主将のDF小林虎太郎(3年)も「信頼していた」と語った通り、監督やチームメイトの信頼に応える大活躍を見せたのはGK佐藤文太(3年)だった。仙台育英の1人目はDF杉田輝稲(3年)が決め、迎えた五條の1人目は主将MF池田達哉(3年)。「真ん中にボールが来てやばいと思いましたが、右手で地面を押さえて最後は届け!と思って足を伸ばして止めることができました」と振り返った佐藤文は、自分の読んだコースとは違ったが、とっさに体勢を整え、足でセーブした。

 2人目は仙台育英MF渡邊弘和(2年)が成功し、五條はMF井澤悠(3年)がゴール左へ外してしまう。3人目は、仙台育英はMF山口蓮(3年)が決めて、五條はDF米川優希(3年)が蹴る。「2人外していたので、相手の顔色を見てそんなに厳しいコースには来ないだろうと思って、自分を信じて右に飛びました」と佐藤文は読み通り相手のPKを止めて、3-0でPK戦を終わらせた。

「県大会でミスした分、(退場した中川原)樹のためにもPK戦で勝ちたかった」という佐藤文。11月3日に行なわれた宮城県予選決勝の聖和学園戦で、佐藤文は自らのゴールキックのミスで相手FWにボールを渡し先制を許したが、チームを救ったのはセットプレーから同点ゴールを決めた中川原だった。今度は逆に退場した中川原を救う形になり「県大会は自分のミスで負けそうになったので、自分が取り返すことができました。樹は試合後ずっと泣いていたので『樹のためにも勝ってやったぞ』と伝えることができました」と恩返しができたことに安堵していた。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ