「悔いはないです全然」尚志のエース・染野唯月が最後の選手権で自ら下した“メンバー外”。決断した理由は?

カテゴリ:Jリーグ

手塚集斗(サッカーダイジェストWeb)

2019年12月30日

「やっぱもう無理なんだなって…」

前回大会では得点王に輝いた染野。今年は、ベンチ外という苦渋の決断を自ら下した。 (C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 高校サッカー選手権の開会式が行なわれた駒沢陸上競技場。その会場の外に彼の姿を見つけた。
 
 彼とは、尚志(福島)のエースストライカー、染野唯月。本来であれば、チームメイトとともに赤のユニホームを身にまとい、整列して開会式の開始を待っている時間のはずだった。しかし、現われた染野はジャージ姿で、ベンチ外メンバーの列の最後尾を歩いていた。
 
 染野は今年、U-18日本代表として11月10日までアジア選手権に参加。帰国後、腰の痛みを訴え、診断の結果、腰椎分離症で全治3か月の診断を受けた。
 
「骨折しているって言われた時に、その時点でやっぱもう無理なんだなって。最初4週間は安静にしなくちゃいけないっていうのを言われた時には、もう無理だなと思いました」
 
 監督には「自分の判断でいいよ」との前置きを加えた上で、ベンチに入るかどうかを問われたという。自らが下した答えはメンバー外だった。染野にとっては最後の選手権であり、並大抵の決断ではなかったはずだが、今は自分でも納得している。
 
「出たい気持ちはあったんですけど、先のことを考えた時に、ベンチに入ったら、自分の気持ち的にも、チームにも何か負担をかけてしまうのではないかと思ったので、そこはベンチ外を選択しました。悔いはないです全然」
 
 昨年の選手権では、2年生ながらチーム前線の主力として5得点を挙げ、大会得点王に輝いた。その能力を買われ、来季からは鹿島アントラーズへの入団が内定している。
 
「今年は、応援っていう立場に回るんですけど、そこで自分が去年経験したものを、少しでもなにか伝えられればいいかなと思います」
 
 淡々と話す染野だが、間違いなく相当な悔しさはあるはず。それでも現状を受け止め、今自分が出来る役割をしっかりと理解していた。来シーズンからは、Jリーグの舞台に足を踏み入れるが、これだけの強い精神力を備えていれば、プロの世界でも十分にやっていけそうだ。
 
取材・文●手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部)

【開会式PHOTO Part1】それぞれの想いを胸に!98回大会の開会式に登場した出場校を一挙公開!

【開会式PHOTO Part2】それぞれの想いを胸に!98回大会の開会式に登場した出場校を一挙公開!

【選手権PHOTO】國學院久我山 FW山下貴之&FW山本航生|衝撃のWハットで開幕戦の主役に!2選手の厳選PHOTO!

【選手権PHOTO】応援マネージャーも開会式に登場!寒空の下笑顔で歓声に応えたキュートな森七菜さん!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ