「東京でしか点が取れないのかよ」國學院久我山のエースが衝撃の“ダブル・ハットトリック”で 果たしたリベンジ【選手権】

カテゴリ:高校・ユース・その他

江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

2019年12月30日

頭、右足、左足でハットトリック

山下(右)とともにハットトリックを達成した山本航(左)。得点王候補に名乗りを挙げた。写真:徳原隆元

画像を見る

 文字通り衝撃の幕開けだった。

 12月30日に行なわれた第98回全国高校サッカー選手権の開幕戦は、國學院久我山(東京B)が前原(沖縄)を相手に序盤からゴールラッシュを決め込んだ。

 序盤からテンポの速いパスワークで前原を圧倒した久我山は、6分にMF福井寿俊(3年)のシュート性のパスを巧く収めた左ウイングの山下貴之(3年)が右足のシュートで口火を切ると、11分にもこの7番が追加点。さらに今大会注目のCF山本航生(3年)が「自分でも意外でした」という打点の高いヘッド弾で3点目を奪い、3点リードで前半を終える。

 後半も攻撃の手を緩めない。12分に山下が自身初となるハットトリックを達成すると、前半に5本のシュートを外していたエース山本航の目の色が変わる。

「自分はセンターフォワードだし、刺激になった」

 20分にGKとの1対1を制し、狙い澄ました右足のシュートでチーム5点目を決めると、7-0で迎えた試合終盤にもCKの流れからこぼれ球を左足でねじ込み、こちらも負けじと3点目を奪取。8-0の圧勝。開幕戦で2人の選手がハットトリックを達成するのは、史上初の快挙だった。

 いつも通り主将の明田洋幸(3年)に代わってゲームキャプテンを務めた山本航は試合後、「学校の仲間に『3点取る』と宣言していたので、よかったです。幸先いいスタートがきれました」と、ほっとした表情を見せた。

 夏のインターハイでは、上位進出が期待されながらも神村学園(鹿児島)の前に初戦敗退。山本航もノーゴールに終わった。

「東京(都予選)でしか点が取れないのかよ」

 そんな声も聞こえてきた。リベンジを期して臨んだ全国の舞台だった。

 夏以降、磨いてきたのが持ち味である動き出しだ。「シュートチャンスを増やさないと得点は入らない」と、周囲との連係を高めてきた。実際、この試合ではひとりで12本のシュートを放った。

「これからは1本1本が大事になってくるし、修正していきたいです」

 外した9本のシュートは今後の課題だ。

「センターフォワードである以上、得点王は意識している」と力強く語った点取り屋が、今大会のスター候補に名乗りを上げた。

取材・文●江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

【選手権PHOTO】応援マネージャーも開会式に登場!寒空の下笑顔で歓声に応えたキュートな森七菜さん!

【選手権PHOTO】國學院久我山 FW山下貴之&FW山本航生|衝撃のWハットで開幕戦の主役に!2選手の厳選PHOTO!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ