ヘンク伊東純也が鮮烈ゴール! ベルギーでの濃密な1年間を終えて「早く帰りたいです」【現地発】

カテゴリ:海外日本人

中田徹

2019年12月27日

直近の公式戦5試合で3得点と上り調子!

鋭い切り返しから左足を振り抜き、鮮やかに先制点をゲットした伊東。笑顔がはじける。(C)Getty Images

画像を見る

 アジアカップ直後の2月上旬、柏レイソルからベルギー1部のヘンクに移籍した伊東純也は、瞬く間にチームの主力として認められ、チームのリーグ優勝に貢献した。
 
 1シーズン目、ベルギーで残した数字は3ゴール・2アシストというもの。伊東のドリブル突破やクロスは相手にとって大きな脅威になり、ゴール前でも惜しい場面まで持っていくのだが、シュートがことごとくバーやポストに嫌われるなどして、得点数が伸びなかった。

 ベルギーリーグ2年目となる今季、伊東は決定力向上を誓ってシーズンインした。開幕10試合で5アシストという数字で見ても分かる通り、サイドアタッカーとしてのパフォーマンスの質は相変わらず高いのだが、どうしてもシュートがゴールに入らなかった。今季の公式戦初ゴールは12月3日、ベルギーカップ準々決勝の対アントワープ(3-3からPK戦の末、アントワープが準決勝進出)まで待たなければならなかった。

 不思議なもので、一度ゴールを入れると案外続けて決まるもの。伊東は12月7日のセルクル・ブルージュ戦(2-1の勝利)で今季リーグ戦初ゴールを決めると、今年最後の試合となった26日のオイペン戦(2-1の勝利)でも落ち着き払った切り返しから、左足で先制ゴールを決めた。

「最初は、(ボールを受けたら)そのまま撃とうと思ったんですがDFが見えたので、交わして撃ちました。サイドに流し込もうと思いました」

 
 13分のゴール以降、伊東の調子はどんどん上がっていった。57分、伊東が上げたクロスは完璧なものだったが、長身ストライカーのオヌアチュのヘッドは右ポストを叩いてしまい、さすがに伊東も惜しそうな表情を見せた。その3分後、ヘンクのカウンターに連動した伊東は右サイドから低いクロスを入れて、今度はしっかりオナヌチュのゴールをアシスト。結局、この日は1ゴール・1アシストとチームの全得点に絡み、スポーツ専門サイト『スポルツァ』は伊東をマン・オブ・ザ・マッチに選出した。

「今日は何本か、良いクロスを上げることができたし、1本、ゴールに繋がって良かったです」

 これで今季の伊東は21節を終えた時点で、2ゴール・6アシストとなった。

「アシストばかりになっちゃっているけれど、得点も決めたい。最近では(カップ戦も含めた)5試合で3点決めているから、ここからです」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ