「失望したね」ランパードが恩師モウリーニョに反論!ソン・フンミン退場騒動で自軍DFが皮肉られ…

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年12月25日

リュディガーのリアクションが問題視され…

恩師モウリーニョに2-0で勝利したランパード監督が試合後の騒動について言及した。(C) Getty Images

画像を見る

 恩師の発言に、チェルシーのフランク・ランパード監督は黙っていなかった。

 12月22日のプレミアリーグ第18節では、トッテナムのソン・フンミンがチェルシーのアントニオ・リュディガーに報復行為を働いたとして一発退場となったことが騒動につながった。ソン・フンミンやリュディガーに対する人種差別という問題も発生している。

 トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督は、ビデオアシスタントレフェリーの介入でソン・フンミンが退場になったことを批判した。リュディガーに対する人種差別を糾弾したうえで、ソンの行為に対するリュディガーのリアクションを問題視。「立ち上がって男らしくプレーする」のがプレミアリーグと訴えた。

 だが、英衛星放送『Sky Sports』によると、ランパード監督は「(人種差別という)大変なことに関してリュディガーが試合後に(SNSで)投稿しなければいけないという時に、彼の誠実さを問題視することには失望する」とコメント。現役時代にチェルシーで師弟関係にあったモウリーニョに反論している。

「試合後にわたしが聞いたのは、普遍的にソン・フンミンのことはレッドカードだというものだった。残忍な行為ではなかったが、現代ではレッドカードとなる本能的な行為だった。わたしはリュディガーの誠実さを問題視しない。だから、わたしは強く彼を擁護する」
 

 また、ランパードは「試合後に少しリュディガーと話したが、1対1でじっくりは話していない」と続けた。

「彼のSNS投稿を見たが、心からのものだったと思う。彼が強く感じていることだ。こういうことに関して、わたしは選手たちの味方だということを彼らには分かっていてほしい」

 トッテナムはソンに対するレッドカードの処分を取り消すように異議を申し立てたが、12月24日(火)にこれは却下された。今回の一件は、今後の両クラブと両監督の関係にどう影響するのだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】ソン・フンミンがリュディガーを蹴りつけた決定的シーンはこちら

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ