「何度やったら気が済む!?」「また泣いてる…」韓国代表FWソン・フンミンの“VAR退場劇”にチェルシー・ファンは憤慨

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年12月23日

一連の騒動にモウリーニョは皮肉たっぷりに

もつれた際に故意にリュディガー(右)を蹴ってしまったソン・フンミン(左)。この退場劇が物議を醸している。(C) Getty Images

画像を見る

 またしても、トッテナム・ホットスパーの韓国代表FWソン・フンミンを巡るハプニングが物議を醸している。

 現地時間12月22日に行なわれたプレミアリーグ第18節で、ホームにチェルシーを迎えたスパーズ(トッテナムの愛称)は、0-2の完封負けを喫した。

 チェルシーを率いるフランク・ランパード監督が、現役時代の“恩師”ジョゼ・モウリーニョ監督が指揮を執るトッテナムと対峙した注目ゲームだ。敵地で痛快な勝利を飾ったその結末以上に話題となっているのが、ソン・フンミンの犯した蛮行である。

 トッテナムが2点のビハインドを追う60分だった。敵陣で相手CBアントニオ・リュディガーともつれ、ピッチへ倒れ込んだソン・フンミン。するとなんと、ドイツ代表CBの脇腹付近を蹴りつけたのである。

 このプレーがVARチェックの末、故意にリュディガーをキックしたと判断され、韓国代表エースは一発退場。この数的不利によってトッテナムが窮地に追い込まれたのは言うまでもない。

 試合後、英衛星放送『Sky Sports』のインタビューに応じたモウリーニョ監督は、ソン・フンミンの振る舞いについて、次のようにコメントしている。

「ソンは酷く扱われたと私は思う。彼がリュディガーにやったことは攻撃的なものじゃなかった。だが、リュディガーが心配だ。彼は肋骨を折った可能性がある。あれは確実に骨折をしているはずだ。早く治るのを祈っているよ。エバートン戦でアンドレ・ゴメスに起こったことでソンは泣いていたが、いまは、リュディガーが肋骨を折ったことで泣いている」

 去る11月3日に行なわれたプレミアリーグ第11節のエバートン戦。ポルトガル代表MFのアンドレ・ゴメスに対して、ソン・フンミンが後方からタックルをしたことが原因となり、右足首の脱臼骨折という大怪我を負わせてしまった。モウリーニョ監督はその一件を引き合いに出して、今回の退場を皮肉ったのである。実際、リュディガーは骨折などしていない。

 穏やかでないのはチェルシー・ファンだ。ソン・フンミンに対し、ツイッター上で非難が相次いでいる。

「たった6か月で3度のレッドカードだ。おかしい!」
「サッカー界で一番素敵な男? 汚い選手の間違いだろ?」
「俺たちがやっているのはサッカーだ。ストリートファイトじゃない」
「明らかに意図的に蹴っていた。ゴメスを傷つけた時と変わっていない」
「また泣いてる……」
「何度やったら気が済むんだ。こっちはヒヤヒヤする」
「ソンはダーティーすぎる」
「それほどハードじゃなかったけど、明らかに故意だ」
「悪意しかない」

 A・ゴメスとのケースとは異なり、今回は意図的にリュディガーを傷つけてしまったソン・フンミン。それだけにしばらくは、手厳しい批判に晒されそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ