「アクティブな動きから決めた!」今季4点目を挙げた岡崎慎司を現地紙が高評! 一方の香川真司はまさかの最低評価に…

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年12月23日

「シンジ対決」は明暗が分かれる形に

アラゴン・ダービーで今シーズン4点目を奪った岡崎。(C) Rafa HUERTA

画像を見る

 現地時間12月22日に行なわれたラ・リーガ2部の第21節で、5位のウエスカが3位のサラゴサをホームに迎え、2-1で勝利。後者を抜いて暫定3位に躍り出た。

 このアラゴン・ダービーで、ウエスカの岡崎慎司とサラゴサの香川真司はともにスタメン出場。プライベートでも仲の良い2人のシンジの直接対決が実現した。

 4-3-3のCFに入った岡崎は開始16分、左サイドからセルヒオ・ゴメスが上げたクロスにダイレクトで合わせてネットを揺らす。決まっていればゴラッソだったが、VAR判定の末にオフサイドで取り消された。

 しかし、その4分後だった。またも左サイドからS・ゴメスが送り込んだグラウンダーのクロスに反応した岡崎は、敵のCBの前に入って左足でゴールにねじ込み、先制点を挙げる。これが第13節のエルチェ戦以来、約2か月ぶりとなる今シーズン4点目となった。

 スペイン紙『AS』は、このゴールを次のように紹介した。

「日本人ストライカーは最初のゴールはVARで無効になったが、2度目は決めてみせた。セルヒオ・ゴメスのクロスに対し、アクティブな動きでDFクレメントの前に入って、フィニッシュした」

 勝利したウエスカに対し、同紙は先発11人中7人が星1つ(3つが最高)という厳しい採点をつけているが、岡崎には星2つの高評価を与えた。

 一方の香川は、4-4-2の左サイドハーフで先発。クロスバー直撃のFKを放つなど見せ場を作ったが、57分に両チームを通じて最初の交代でベンチへ。不完全燃焼なのは明らかで、悔しそうな表情を浮かべてピッチを去った。

『AS』紙の評価も厳しく、いずれも退場した右SBユリアン・デルマスやCBアルベルト・ギティアらとともに「星なし」。出場時間が短かった影響もあってか、まさかの最低評価となった。

 香川がドルトムント、岡崎がマインツでプレーしていた時以来となる「シンジ対決」。その結果は明暗が分かれる形となった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】岡崎慎司の今季4ゴール目&香川真司のバー直撃FKはこちら

【動画】絶妙なトラップから丁寧なパス!香川真司のリーガ初アシストはこちら

【PHOTO】喜びを爆発させるシーンも! サラゴサで輝く香川真司の厳選写真を一挙公開

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ