「CL最強の3トップは?」伊紙のアンケートで最も支持を集めたのは――

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年12月13日

3人合計で165得点を叩き出す

いずれも破壊力抜群のアタッカー陣を擁するパリSG(左上)、バルセロナ(右上)、ユベントス(左下)、リバプール(右下)。(C) Getty Images

画像を見る

 夏にゴンサロ・イグアインのユベントス残留が決まってから、絶えず話題となっているのが、クリスチアーノ・ロナウド、パウロ・ディバラとのトリデンテ(3トップ)の可能性だ。

 マウリツィオ・サッリ監督は当初から慎重な姿勢を崩さない。だが、C・ロナウドとイグアインが先発した12月12日のチャンピオンズ・リーグ(CL)、グループステージ最終節のレバークーゼン戦でも、66分に投入されたディバラの演出からC・ロナウドとイグアインが得点し、2-0と勝利した。

 実際、イタリア王者が誇る強力攻撃陣は、CLの舞台で多くの得点をマークしている。イタリア紙『Gazzetta dello Sport』によると、3人合計で165得点。C・ロナウド(128得点)の存在が大きいのは確かだが、他チームを上回る数字であることは事実だ。

 例えば、リオネル・メッシ、ルイス・スアレス、アントワーヌ・グリエーズマンを擁するバルセロナも、3人合計で通算160得点。レアル・マドリーのカリム・ベンゼマ、ガレス・ベイル、エデン・アザールは3人で92得点だ。
 
「CL最強の3トップ」を問う『Gazzetta dello Sport』紙電子版のアンケートでは、約6000人のユーザーのうち、最多の36%がユベントスと回答。25.6%のパリ・サンジェルマン(ネイマール、キリアン・エムバペ、マウロ・イカルディ)、24.2%のバルセロナを上回った。モハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノ、サディオ・マネ(合計52得点)のリバプールは11%で4位だ。

 イタリア紙の調査だったとはいえ、バルサの「MSG」や欧州王者リバプールの前線トリオより支持があったのは、興味深い。

 また、サッリ監督がC・ロナウド、ディバラ、イグアインの3トップを起用すべきか問うアンケートでは、1300人以上のユーザーのうち、85.5%と大半のファンが「イエス」と答えている。

 ナポリ時代は強力トリデンテで魅力的なサッカーを構築したサッリ監督だが、ユベントスではエンポリ時代に愛用していた4-3-1-2を主に採用。ディバラはトップ下ではないとし、フェデリコ・ベルナルデスキらをスタメンに起用している。

 だが、クラブの悲願である欧州制覇のためにも、トリデンテを導入すべきとの声は少なくない。アンケート結果も、ファンがトリデンテを望んでいることを示す。これらの意見を受け、サッリ監督が考えを変えることはあるのだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ