「自信に満ちている」「大切なのは…」長谷部誠が語った、鎌田大地がブレイクした理由

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年12月12日

長谷部も驚嘆する鎌田の変貌ぶり

復帰1年目で定位置を確保した鎌田に、長谷部も称賛を送っている。 (C) Getty Images

画像を見る

 目下、フランクフルトでブレイク中なのが鎌田大地だ。トップ下の定位置をがっちり確保し、いまやチームに不可欠な存在となっている。

 2017年夏にサガン鳥栖からフランクフルトに加入した鎌田は当初、出場機会をほとんど与えられなかった。そのため、翌2018-19シーズンはプレーできる環境を求め、ベルギーのシント=トロイデンへの移籍を決断。ここで16ゴール・9アシストという記録を残した。

 1年の武者修行を終えてチームに戻ってきた鎌田を、同僚の長谷部誠は「別人のよう」と評していた。指揮官のアディ・ヒュッターも、「自信を持ち、生まれ変わった。彼のことを頼りにしている」とプレシーズンから信頼を寄せ、実際、アタッカー陣の主力のひとりとして重用されている。

 とりわけ、鮮烈な印象を残したのが、ヨーロッパリーグのアーセナル戦だ。敵地で2ゴールを奪い、強豪撃破の立役者となったのだ。

 現地メディア『FUSS BALL.news』のクリストファー・ミハイル記者が、「カマダのブレイクスルーはアーセナル戦だ。栄光の瞬間だった」と綴ったように、この活躍で鎌田の名がヨーロッパ中に広まったのは間違いない。

 大先輩の長谷部も、その急成長ぶりに目を細める。

「本当に驚いた。あのアーセナルから、(敵地の)ロンドンで2ゴールを奪う活躍とは。ただ、彼は今とても自信に満ちている。トレーニングしていても、それを感じる」
 

 加入1年目は燻っていた23歳のアタッカーが、今シーズンに飛躍できた理由について、長谷部はこう語った。

「移籍した直後、わずかな、ひと掴みのプレーヤーはすぐに活躍ができる。だけど、それ以外のプレーヤーには時間が必要になることがほとんどだと思う。大地をみていると、大切なのは、忍耐なんだなと思う。(最初は)フランクフルトではチャンスがなかったけれど、グッと我慢して、ベルギーで多くのゴールを決めて、自信を付けて帰ってきた。それが今の成功に繋がっていると、強く感じる」

 ここまで鎌田は公式戦26試合に出場し、3ゴール・6アシストという結果を残している。惜しむらくは、ブンデスリーガ初得点がなかなか取れないことだ。先日のヘルタ・ベルリン戦でもネットを揺らしたものの、VARによって直前のファウルが発覚し、ゴールが取り消されてしまった。

 だが、勢いに乗っているいまの鎌田なら、それも時間の問題だろう。15日のシャルケ戦で待望のブンデス初ゴールが生まれるか。注目が集まる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「キング・カマダだ」「この時を待っていた!」2ゴールの鎌田大地を独紙が大絶賛! 英紙も脱帽
「残忍な股抜き!」「日本人が繰り返し見る」メッシを抜いた久保建英の“妙技”がスペイン・メディアで話題沸騰
「このジャポネは凄い選手だ」絶妙アシストの鎌田大地をフランスの英雄&メディアが大絶賛!【現地発】
「すっかり彼のファンだ」「フィルミーノになれる」リバプールサポが南野拓実へ熱視線!敵将クロップもザルツを絶賛
「僕は主将に向いてない」「高徳はすごいと思う」長谷部誠が明かす、海外リーグで求められる”キャプテンシー”とは?【現地発】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ