「残忍な股抜き!」「日本人が繰り返し見る」メッシを抜いた久保建英の“妙技”がスペイン・メディアで話題沸騰

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年12月10日

“本家”を相手にしてやったり!

メッシ(右)とのマッチアップに果敢に挑んだ久保(左)。そのテクニカルなプレーが話題を呼んでいる。 (C) Getty Images

画像を見る

 久保建英の“妙技”が話題を呼んでいる。

 現地時間12月7日、ラ・リーガ第16節で、バルセロナと敵地で対戦したマジョルカは、リオネル・メッシのハットトリックを浴びるなど、2-5で大敗を喫した。

 この試合で大きな注目を集めていたのが久保だ。

 2011年夏から約4年に渡ってカンテラ(下部組織)に在籍したバルサとの“古巣戦”で、先発フル出場を果たした久保は、随所で本領を発揮。敵サポーターからブーイングを浴びながらも、果敢な突破でチャンスを演出した。

 とりわけ反響を呼んでいるのは、メッシの股下を抜いてみせたシーンだ。1-4と劣勢のなかで迎えた52分、敵陣でこぼれ球を拾った久保は、ピッチ中央でバルサのナンバー10と対峙。すると、アルゼンチン代表FWがボール奪いにきた瞬間、久保は柔らかいタッチでボールを押し出し、股下にボールを通して完璧に抜き去ったのだ。

「和製メッシ」とも呼ばれる久保の“本家”に対する突破には、海外メディアも驚嘆している。マドリーの専門メディア『Defensa central』は、「残忍な股抜き」と銘打ち、次のように綴っている。

「マジョルカの試合そのものは、最高ではなかったと多くの人が言っているが、マジョルカに貸し出されたマドリーの若者は、メッシへの残忍な股抜きなどでインパクトを与えた」

 さらにスペインの全国紙『AS』は、ドリブル突破の瞬間を捉えた動画と写真を掲載し、こう綴っている。

「マドリーから貸し出されたマジョルカの日本人は、信じられないことに、2019年バロンドール受賞者を抜いただけでなく、股抜きを決めた! 1億3000万人の日本人が繰り返し見ることになるだろう」

 世界的クラックを相手に華麗な技で、魅せた久保。日進月歩の勢いで進化し続ける日本サッカー界の至宝から、今後も目が離せない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ