日本代表E-1選手権を白星発進!「練習する時間もない中、よく戦ってくれた」と森保監督も安堵

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年12月10日

代表初ゴールの鈴木武蔵は「もっと点を取れるように…」

森保一監督の采配が的中。先発の前線3選手の連係で先制点を挙げた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 12月10日、E-1選手権の日本代表対中国代表が、開催地・韓国の釜山九徳スタジアムで行なわれ、2-1と日本代表が勝利を収めた。

 日本の2得点は、鈴木武蔵と三浦弦太のともに代表初ゴール。

 29分に左サイドのパス回しから、この日キャプテンマークを巻いた佐々木翔が縦パスを入れ、上田綺世がヒールで落とす。走り込んだ森島司がペナルティエリアに侵入し速いグラウンダーのクロスを送ると、鈴木武蔵がニアに飛び込み、倒れながらもワンタッチでゴールに流し込み先制に成功した。

 この日先発した前線3選手の連係で奪ったゴールに、試合後のフラッシュインタビューで鈴木武蔵はこう答えた。

「取れてホッとしていましたし、もっともっと点を取れるようにやっていきたいと思います。抜け出した時に走り勝つ自信はあったので、本当にあとは合わせるだけでした。今日(の試合)でもまだシュート数も全然足りなかったですし、もっともっと自分の良さを出していきたいと思います」

 またアシストした森島司は、
「(上田)綺世から良い落としがきたんで、武蔵君が良いところにいてくれて、良いボールを出せて良かったなと思います。翔くんから良い形で縦パスが入った、良いパスを入れてくれるというのは分かっていたので、3人目で抜け出すことができて良かったなと思います。アシストとゴールというのは常に意識しているところなので、結果が出せて良かったです」

 その後70分にCKから三浦弦太が頭で合わせて2-0とするものの、90分にロングボールからディフェンスラインの裏に抜け出され中国に1点を返されて2-1でゲームを終えた。

 この日の試合を森保監督は以下のように振り返った。
「選手たちも練習する時間もない中で、Jリーグも終わって、タフな戦いになった中、チームとしてよく戦ってくれたと思います」

 Jリーグの最終節が終わって中2日。コンディションや準備期間のない中で、まずは勝利で終えられ一安心したような表情の森保監督。

「チームも1戦1戦、勝つために戦いたいし、成長しながら戦いたいと思います。応援して下さる方々にも勝利を届けられるように最善の準備をしたいと思います」

 14日に行なわれる香港戦。そして18日の韓国戦へ向け、森保監督の言葉通り、成長した姿が見られるか?残り2試合の戦いぶりにも注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ