南野拓実の奮闘も実らず…。リバプールが電光石火のラッシュでザルツブルクを破って決勝T進出を決める【CL】

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年12月11日

リバプールを苦しめたザルツブルクのプレス

積極果敢な姿勢は見せたものの、チャンスを決めきることができなかった南野。 (C)GEPA pictures/ M. Engelbrecht

画像を見る

 現地時間12月10日、チャンピオンズ・リーグ(CL)のグループステージの最終節が開催され、グループEでは、オーストリアのレッドブル・アレーナで、3位のレッドブル・ザルツブルクと首位のリバプールが対戦した。

 ともに負ければ、グループステージ敗退の可能性がある大一番は、立ち上がりから激しい打ち合いとなる。リバプールは3分にサラーが、一方のザルツブルクは6分に南野が、それぞれエリア内でビッグチャンスを迎え、相手チームを脅かしていった。

 互いに中盤で激しい肉弾戦を演じ、迫力満点の展開となった試合は、なおも一進一退の攻防戦が続いた。

 ホームで意地を見せたいザルツブルクは、素早いチェックを徹底しながら機を見ては速攻でチャンスを創出。そのなかで、4-3-1-2のシャドーポジションで先発した南野は、相手2ライン間(最終ラインとボランチの間)で、巧みにボールを受けては起点となり、2トップのファン・ヒチャンとハーランドのシュートシーンを演出した。

 かたやリバプールは、思うようにプレーリズムが上がらず……。失点こそしなかったものの、相手のボールサイド寄りの鋭いプレスにパスミスを連発するなど、低調なパフォーマンスに終始して、前半を終えた。

 スコアレスで迎えた後半も、前半途中からの流れは変わらずにザルツブルクペースで進むかと思われたが、均衡を破ったのは、ディフェンディングチャンピオンだった。

 57分、ショートカウンターから敵陣を左から切り裂いたマネがエリア内に絶妙なクロスを供給。これをケイタがヘディングでねじ込んだ。

 元ザルツブルクコンビから先手を取ったリバプールは、1分後に追加点をもぎ取る。敵陣で相手のクリアミスをかっさらったサラーが、飛び出してきた相手GKをかわして、角度のないところからゴールに流し込んだ。

 電光石火のラッシュで一気に差を広げ、試合の流れを一変させたリバプールは、その後は普段通りの落ち着きを取り戻して危なげなく時間を進める。

 かたやたった2分間で2点を失ったザルツブルクは、前半から飛ばした影響もあり、少しずつ疲労の色が濃くなっていき、攻守の両面でトーンダウン。68分にザンビア人FWのダカ、75分に日本人アタッカーの奥川と矢継ぎ早に攻撃的なカード切ったが、流れを掴み返すことはできなかった。

 最後まで相手の反撃をシャットアウトしたリバプールは、前半に苦しめられたものの、終わってみれば、2-0で完勝。その結果、グループ首位でのラウンド・オブ16進出を決めた。一方、好戦を演じられながら地力の差で敗れたザルツブルクは、3位が決定して、ヨーロッパリーグの決勝トーナメント1回戦へ回ることになった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ