「殺人タックルを受けたから病院送りにしてやった!」イブラが元同僚マテラッツィを“口撃”

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年12月06日

マテラッツィは皮肉で応戦

MLSでもイブラ(左)の激しさは変わらず…。 (C) Getty Images

画像を見る

 インテル時代にチームメイトではあったが、ズラタン・イブラヒモビッチとマルコ・マテラッツィの関係は良好ではない。

 去就が注目されるなか、イタリア誌『GQ』のインタビューに応じたイブラヒモビッチは、再びマテラッツィを“口撃”している。『Gazzetta dello Sport』紙によると、イブラヒモビッチは「ユベントス時代にアイツから殺人タックルを見舞われ、ケガをしたことがある」と述べた。

「彼は“ワルい”選手だった。それを示すやり方はふたつある。例えば、パオロ・マルディーニもずる賢い選手だったが、目的は別にあった。だが、マテラッツィは本当に相手をケガさせたがったんだ」

 インテルを離れ、バルセロナを経てから、ミランに移籍したイブラヒモビッチは、ミラノ・ダービーという大舞台でマテラッツィと対戦している。その際、イブラヒモビッチはマテラッツィに“テコンドーキック”を見舞った。

「病院送りにして、デヤン・スタンコビッチから『なんであんなことしたんだ?』と聞かれたんだ。『この瞬間を4年前から待っていたのさ』と答えたよ」

 これに対し、マテラッツィは自身のインスタグラムで反応。「『来た、見た、勝った』。とにかく、いつでも感謝している。お前がいなければオレたちは勝っていなかった」とコメントした。

 一見すると、マテラッツィの対応は大人だ。だが、投稿にはサミュエル・エトーのアカウントが含まれ、選ばれた写真はインテルがチャンピオンズ・リーグを制し、ハビエル・サネッティがトロフィーを掲げた瞬間のものだった。

 2009年夏にイブラヒモビッチがバルセロナに移籍した際、トレードのかたちでインテルに加わったのがエトーだ。そしてそのシーズン、インテルは欧州制覇を含む3冠をイタリア勢で初めて実現し、歴史の1ページを記した。イブラヒモビッチは、ビッグイヤーを獲得したことがない。

 『GQ』のインタビューで「再び勝たなければいけないクラブに行く」と、低迷する古巣ミランへの復帰を想起される発言を残したイブラヒモビッチ。

 彼のミラン加入が実現した場合、インテルOBのマテラッツィとのやり合いが、これまで以上に注目を集めそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ