「パスサッカーの最後のピース」だったビジャは唯一無二の存在。後継者探しはいまなお続く…【現地発】

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年11月19日

ビジャの「最も重要なゴール」は?

2010年のW杯では得点王に輝いたビジャ(右)。F・トーレス(左)とのコンビネーションも秀逸だった。(C)Getty Images

画像を見る

 スペイン代表の黄金時代形成に貢献したレジェンドがまたひとり、アディオスを告げた。ラ・ロハのユニホームを98度着用し、歴代最多の59得点を挙げた稀代のゴレアドール、ダビド・ビジャが今月13日、今シーズン限りで現役を引退することを発表したのだ。

 シャビ、シャビ・アロンソ、アンドレス・イニエスタ、ダビド・シルバ、そしてセスク・ファブレガス……。EURO2008、2010年ワールドカップ、EURO2012とラ・ロハ(スペイン代表の愛称)の前人未踏のメジャー大会3連覇に寄与した主力MFはそのいずれもが不世出の選手であるがゆえに、ビセンテ・デル・ボスケ、ジュレン・ロペテギ、ルイス・エンリケ、ロベルト・モレーノと近年、チームを率いてきた監督は後継者不足という問題に直面した。

 ポジションは異なるが、その難易度の高さはビジャの場合も同様だった。歴代指揮官はロベルト・ソルダード、アルバロ・ネグレド、ジエゴ・コスタ、アルバロ・モラタ、パコ・アルカセル、イアゴ・アスパス、ロドリゴら様々な“9番“を手を変え品を変え試してきた。しかしこの中で、周囲と連携して局面を打開しながら、チャンスを確実に仕留めるというチャンスメークからフィニッシュまでオールラウンドな貢献を見せたビジャの領域に近づいた選手はひとりもいない。

「スペイン代表が志向していたパスサッカーの最後のピースがダビド(ビジャ)だった。チーム戦術との相性は完璧だった」

 EURO2008の優勝監督、ルイス・アラゴネス(2014年に他界)の右腕的存在だったヘスス・パレデスはその希少性について最大限の賛辞を述べる。
 
 そのパレデスは、ビジャの「最も重要なゴール」として、同大会におけるスウェーデン戦での後半アディショナルタイムの決勝弾(スペインが2-1で勝利)を挙げる。

「グループステージの2試合目で、1-1のタイスコアだった。ルイスは『行け、行け、相手は死ぬほどへばっているぞ』とピッチサイドで声を枯らして叫び続けていた。その時だった。ダビドが切り返しからからグラウンダーのシュートをファーポストに射抜いたんだ。フェルナンド(トーレス)とも素晴らしい補完性を見せていた。

 ダビドはスモール・スペースの攻略と周囲とのコンビネーション、フェルナンドは裏のスペースへの走り込みと役割分担がはっきりしていた。クラブレベルにおいても、在籍した全てのチームの戦術に適応し、活躍を見せた。彼の能力の高さを物語っている」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ