「超キレイなゴラッソだ!」浅野拓磨、技ありEL初ゴール! 菅原由勢との日本人対決は終盤に劇的な展開に――

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年11月29日

アウトサイドでの技あり弾!

今シーズンのELでは初ゴールとなる一撃を見舞った浅野は、チームに勝利をもたらす出色のパフォーマンスを見せた。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間11月28日に行なわれたヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第5節(L組)で、浅野拓磨が所属するパルチザンが、敵地でAZと対戦した。

 注目の浅野は、4-4-2の左サイドハーフで先発。これでELでは5試合連続スタメン出場となった。

 互いに激しくボールを奪い合う一進一退の攻防が続いた一戦、その均衡を破ったのは、あの男だった。

 15分、ナトホの蹴った絶妙なミドルパスに反応し、相手最終ラインの裏を取った浅野は、左足でワントラップしてから、最後は右足のアウトサイドキックで冷静に流し込んだのだ。これにはツイッターでパルチザン・ファンから「超キレイなゴラッソだ」や「これを待ってた」、「素晴らしいシュート」といった賛辞が寄せられた。

 技ありシュートで相手GKとの1対1を制した浅野のEL初ゴールで、先手を取ったパルチザンは、なおも攻勢を強めると、27分に追加点をもぎ取る。相手GKとDFが連係ミスをしたスキを突いたソマーが難なく仕留めた。

 2点のビハインドを背負ったAZだったが、自陣に引きながらガッチリと守りにかかったパルチザンの堅牢を打ち崩す術を見出せず……。前半はアウェーチームが2-0とリードして折り返しとなった。
 迎えた後半も主導権を握ったのは、アウェーチームだった。局面でしっかりと肉弾戦を演じ、反撃の糸口を模索するホームチームに自由を与えない。

 パルチザンにペースを握られたAZは、59分にU-22日本代表DFの菅原由勢を投入。右ウイングバックとして起用し、チームの活性化を図った。

 菅原と浅野の日本人対決も実現した一戦は65分以降、完全に攻めるAZと守るパルチザンという構図が出来上がったなかで進行。序盤から出色のパフォーマンスを披露していた浅野は、チームが次第に守備に重きを置くようになり、ボールに絡む機会が減っていったが、前線で果敢なプレスを続け、献身的な姿勢を見せ続けた。

 その後、83分にAZのエースのボアドゥが2度目の警告を受けて退場となり、ホームチームが劣勢となったことで、試合は趨勢が定まったかと思われたが、終盤にドラマが待っていた。

 87分にドライフのゴールでAZが1点差に詰め寄ると、アディショナルタイム1分にも再びドライフが豪快な一撃を放って同点弾をねじ込んだのだ。

 終盤に劇的な展開となった試合は、結局、2-2で決着。これにより勝点1を積み上げたAZのラウンド・オブ32進出が決定。一方、パルチザンのグループリーグ敗退も決まった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ