ニューカッスル指揮官、出場機会の乏しい武藤嘉紀に“戦力外通告”!? 「彼はチャンスが訪れるのを望むことだね」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年11月28日

3トップのレギュラー固定を明言されたうえで…

満足に出場機会を得られない武藤。苦しむ日本人FWにニューカッスルの指揮官からも厳しい言葉が投げつけられた。 (C) Getty Images

画像を見る

 今シーズンのプレミアリーグで満足に出場機会を得られていないニューカッスルに所属している日本代表FWの武藤嘉紀に、指揮官のスティーブ・ブルースから厳しい言葉が突き付けられた。

 今、武藤は不遇の時を過ごしている。開幕直後こそ、サブとしてチャンスを得るも、プレミアリーグではノーゴール。0-5の大敗に終わった現地時間9月30日のレスター・シティ戦(第7節)でスタメン出場を果たしてからの6試合はピッチに立てていない。しかも、そのうち5試合ではベンチ外となっている。

 そんな日本人FWの現状について、記者会見で意見を求められたブルースは、「今、3トップは固定されている」と、ミゲル・アルミロン、ジョエリントン、アラン・サンマクシマンが前線のレギュラーであると明言。そして、こうも言及した。

「我々にはさらにアンディ・キャロルやドワイト・ゲイルもいて、彼らは今のところ、ムトウの前に位置している。今の彼にできるのは、とにかく働き続けなければならないということ。そして、チャンスが訪れるのを望むことのみだね」

 ちなみにブルースがレギュラー格に指名した3人(アルミロン、ジョエリントン、サンマクシマン)が、前述のレスター戦以降で、挙げたゴール数はゼロ。それでもなお、出場機会が与えられていない武藤は、完全に指揮官の構想にないと言っても過言ではない。

 一部メディアでは、来る1月にオープンする欧州の移籍市場で、約3年間プレーしたドイツのブンデスリーガ復帰も見据えて、新天地を模索しているとされている武藤。今回のブルースの発言を受け、よりニューカッスル退団へ向けた動きは、加速していくかもしれない。

 現在27歳の武藤にとって、この冬の動向は、キャリアの分岐点ともなり得るだけに、その一挙手一投足から目が離せない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月22日号
    10月8日発売
    J1&J2&J3
    ネクストブレイク
    BEST 100
    必見の若手有望株を一挙公開!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ