昨季19位の京都を昇格争いに導くも…中田監督とエンゲルスコーチの退任が決定「私の力が至らず…」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2019年11月28日

「すべてが私の誇りでした」(中田監督)

退任が発表された中田監督(左)とエンゲルスコーチ(右)。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト編集部)

画像を見る

 11月28日、京都サンガF.C.は中田一三監督の契約満了による退任を発表した。

 現役時代は横浜フリューゲルスやアビスパ福岡、大分トリニータなどで活躍し、2004年に現役引退。翌年から指導者の道を歩み始め、13年にFC.ISE-SHIMA(当時三重県2部)の監督に就任し、その後、同クラブの総監督などを務めた。

 今季から指揮を執る京都では、昨季19位と低迷したチームをJ1昇格争いに食い込ませ、一時は首位に引き上げる。その後、最終節までJ1参入プレーオフ出場の可能性を残したが、柏に敗れて8位とJ1へは導けなかった。それでも徹底的にパスを回し、ボール支配率を高めるサッカーで、多くのファンを魅了した。

 中田監督の退任時のコメントは以下の通り。

「日々練習場で見る顔、スタジアムがひとつになる手拍子、サポーター魂宿る応援、それらに突き動かされ躍動する選手たち、そのすべてが私の誇りでした。私の力が至らず、J1という舞台へ皆様を連れていけなかったことは心残りですが、今季の教訓が来季へ繋がることを信じています。京都サンガF.C.に関わる全ての皆様に大変お世話になりました。ありがとうございました!」
 
 また、同日に京都は、トップチームのゲルト・エンゲルスコーチの契約満了による退任も発表した。エンゲルスコーチのコメントは以下の通り。

「大好きな京都に戻ってくることができ、本当に幸せでした。ファン・サポーターの皆さまをはじめとする、サンガに関わるすべての皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました」

構成●サッカーダイジェスト編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ