【京都】山形戦で決勝弾の一美。殊勲のFWは中田監督からどう評価された?

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2019年07月13日

中田監督が褒めたのは「決め切れなかったあとの…」

山形戦で決勝点を決めた一美。写真:徳原隆元

画像を見る

 2019年7月13日、アウェーで山形に1-0と勝利した京都は、その山形と同勝点(40)ながらも得失点差でわずか1上回って今季初めて首位に立った。山形撃破の立役者は一美和成だろう。0-0で迎えた54分にセットプレーのチャンスから、こぼれ球を右足で押し込んで奪った決勝点はまさに値千金だった。
 
 一美本人も「1点取れたのは良かった」と安堵の表情を浮かべていたが、京都の中田一三監督に言わせれば「もっと(ゴールを)入れれましたね」となる。確かに決定機は他にもあった。前半にポストを叩いたシーンもあれば、後半にGKとの1対1で外した場面もあったのだから、監督がそう言うのも頷ける。
 
 実際、一美も「最後のところで決め切れなかったのは自分の課題。ちゃんと決めることができたらもっとチームは楽になっていたはずです」と反省。監督とほぼ同じコメントを発していた。
 
 
 ただ、中田監督は決め切れなかったあとの守備については褒めていた。
 
「決め切れなかった時に戻ってボールを奪ったり、そういうところはできていた。むしろ守備のほうでエンジンがかかってきたかなと。決められない時に守備面で貢献してもらえるのはすごく頼もしい」
 
 なかでも、山形のボランチである本田拓也に対してのチェイシングが目を引いた。持ち前のフィジカルを生かしてプレッシャーをかけパスコースを狭めるなど、精力的にディフェンス面でも貢献していたのだ。一美の追い込みが山形の攻撃のリズムを狂わせた可能性は十分ある。実際、山形に完全に崩された形はあまりなかった。
 
 完封勝利の立役者は“攻守”において大きく貢献した一美で間違いない。
 
取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集長)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ