史上最大の勝点差でバイエルンが「秋の王者」 キッカー誌平均採点トップはロッベン! 内田、香川は何位?【ブンデスリーガ前半戦総括】

カテゴリ:ワールド

遠藤孝輔

2014年12月24日

異彩を放っているのは3位のボアテング。

切れ味鋭いドリブルから大きな違いを作り出したロッベンが、キッカー誌の平均採点でトップ。充実一途の30歳が、輝いた。 (C) Getty Images

画像を見る

 ヘルプストマイスター(=秋の王者。前半戦終了時点の首位チーム)の座を射止めたのは、4シーズン連続でバイエルン。3連覇をめざす絶対王者は、チアゴ・アルカンタラやハビ・マルティネスら主力に怪我人が相次ぐアクシデントに見舞われながら、無敗の快進撃を続けた。
 
 シーズンの折り返し地点での首位と2位の勝点差は、史上最大の11。開幕前は優勝候補の一角と目されたドルトムントが17位に低迷している事情もあり、覇権レースの決着に向けたカウントダウンはすでに始まったと言えるだろう。
 
 個人に目を向けても、充実が際立っていたのはバイエルン勢だ。ドイツの老舗スポーツ誌『キッカー』による平均採点の上位10傑に目を向けてみよう(ランキングの対象は9試合以上で採点が付いた選手。1が最高で、6が最低評価)。
 
1位 アリエン・ロッベン(バイエルン/MF) 2.04
2位 ラルフ・フェーアマン(シャルケ/GK) 2.47
3位 ジェローム・ボアテング(バイエルン/DF) 2.54
4位 フェリックス・ヴィードバルド(フランクフルト/GK) 2.61
5位 カリム・ベララビ(レバークーゼン/MF) 2.68
5位 ケビン・デ・ブルイネ(ヴォルフスブルク/MF) 2.68
7位 マルティン・シュトランツル(ボルシアMG/DF) 2.73
8位 ロマン・ビュルキ(フライブルク/GK) 2.74
9位 シャビ・アロンソ(バイエルン/MF) 2.77
10位 ゴンサロ・カストロ(レバークーゼン/MF) 2.78
 
 10人中7人がフィールドプレーヤーで、トップはロッベン。ブラジルW杯で母国オランダを3位に導いた快足アタッカーは、バイエルンで迎えた6年目のシーズンも好調を維持しつづけ、幾度となく巨大な違いを作り出している。
 
 GKや得点者が高く評価される傾向が強いキッカー誌の採点で、異彩を放っているのは3位ボアテング。17試合で4失点の鉄壁を誇るバイエルンのDFリーダーとして獅子奮迅の働きを見せ、いまや世界最高峰のCBと激賞される存在となった。
 
 前半戦のMVPとの呼び声が高い同僚のシャビ・アロンソとともに、独走態勢に入ったバイエルンの大きな原動力だった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ