「単にマドリーに所属しているだけじゃない…」“日本の至宝”久保建英をコロンビアの指揮官はどう評した?

カテゴリ:メガクラブ

羽澄凜太郎(サッカーダイジェストWeb)

2019年11月18日

本人は課題を口にしたが…

この日の久保は、相手のタイトな寄せにも屈さずにアグレッシブに仕掛け続けた。 写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[キリンチャレンジカップ]U-22日本代表0-2U-22コロンビア代表/11月17日/エディオンスタジアム広島

 来夏の東京オリンピックを見据え、南米の強豪コロンビアとの一戦に臨んだ日本だったが、計8人の海外組と国内組の融合ということもあり、硬さとコミュニケーション不足が悪目立ち……。試合終盤に相手を押し込む時間がなかったわけではなかったが、全体を通してみれば、完全なる力負けを喫することとなった。

 そんな試合で戦前から注目を集めていたうちの一人が、この度、A代表から招集されることになった久保建英だった。

 11月10日(現地時間)に行なわれたビジャレアル戦で、ラ・リーガでの初弾を含めた1ゴール・1アシストの活躍を見せていた久保だけに期待値は高く、事実、コロンビア戦では、彼がボールを持つたびにスタンドからどよめきが起きていた。

 試合後の取材対応では、「綺麗に崩そうとし過ぎた場面もあった」と課題を口にしたが、久保は周囲が相手のタイトなプレスに苦戦を強いられるなかで、得意のドリブル突破で局面を打開しては、随所で見せ場を作った。

 存在感を放った日本サッカー界の至宝のプレーには、敵将のアルトゥーロ・レジェス監督も太鼓判を押す。

 2017年から代表チームのスタッフとして活動を続け、A代表にもコーチとして従事しているレジェスは、ホセ・ペケルマンとカルロス・ケイロスという二人の名将の下で薫陶を受けてきた。

 試合後、ハメス・ロドリゲス(レアル・マドリー)やファン・フェルナンド・キンテーロ(リーベル・プレート)という稀代のゲームメイカーを指導してきた50歳の指揮官に、率直に久保をどう見ていたかをぶつけてみると、こう切り返された。

「彼は間違いなくポテンシャルの高い選手だ。これはマドリーに単に所属しているというだけでなく、今日もそうだったが、ピッチ上でも力を十分に証明している。ここから先、他のビッグクラブの選手たちと対等に戦いながら、どんどん力を伸ばしていくのだろうと思う」

 2-0と完勝したこともあり、終始、饒舌に話したレジェスだったが、久保の話をした際の真剣な眼差しは、その言葉が単なるリップサービスではないことを証明していた。

【U22代表PHOTO】日本 0-2 コロンビア|2万人を超えるサポーターが観戦!堂安&久保をダブル起用も…

【PHOTO】ついにリーガ初ゴール!スペインで躍動する久保建英の厳選写真を一挙公開!

取材・文●羽澄凜太郎(サッカーダイジェストWeb編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ