「それ、5年前くらいから思っていましたよ」。柏は大谷秀和がずっと考えていた“理想”に近づきつつあるのではないか?

カテゴリ:Jリーグ

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2019年11月17日

「両方できるのが一番良いと思う(笑)」

ネルシーニョ監督のもとで大谷は、2度目のJ2優勝を果たした。写真:浦正弘

画像を見る

「それ、俺は5年前くらいから思っていましたよ」

 2019年3月27日、手塚康平との対談に応えてくれた大谷秀和が、筆者の質問にこう返してきたのを記憶している。そのクエスチョンとは、次のような内容だった。

「(11年に)タイトルを獲ったネルシーニョ監督のもと、(J1で4位の)17年のようなポゼッションをできれば……」

 冒頭の答えが、まだ話している途中に返ってきたが、そんなことは意に介していない。むしろ、間髪入れずに、のめり込むように、突っ込んできてくれたのが嬉しかった。そして、大谷はこう続けた。

「ネルシーニョ監督の良い部分と、(吉田)達磨さんや下さん(下平隆宏監督)とかがやっていた良い部分がちょうど混ざれば、一番良いのになとは思う。だけど、そこは監督のスタイルだったり、例えばボールを動かすことひとつとっても、その瞬間を剥がしていって、フリーマンを見つけていくスタイルというのと、あとはそこよりも、もっと良い状態を狙えというような……。でも、なんか両方できるのが一番良いと思う(笑)。ネルシーニョ監督はとにかく隙を逃さないで前線の選手のランニングを活かしていったり、でもつなぐなっていうわけではない。達磨さんとかも局面の短いパスは多いけど、背後というのがないわけではないから、そのへんは選手が柔軟にやる必要があるのかなと」
 ネルシーニョ第1次政権時(09年7月~14年12月)の柏は、「とにかく勝負にこだわる戦い方」(大谷)で、10年にJ2で優勝すると、11年にJ1、12年に天皇杯、13年にナビスコ(現ルヴァン)カップを制覇。多くのタイトルを獲得した。

 15年に柏は、アカデミーにポゼッション哲学を浸透させた吉田達磨氏(現シンガポール代表監督)を監督に据え、そこからはトップチームもアカデミーと同じポゼッションスタイルを標榜した。17年にはU-18などでも指導経験がある下平隆宏監督(現横浜FC監督)の下、J1で4位。しかし、18年にはJ2降格の憂き目に遭っている。

 今季で在籍17年目になる大谷としては、ネルシーニョ監督の勝ちに徹する指導も良いし、吉田&下平監督が築いたポゼッションスタイルも良い。その両方を上手く融合できれば理想的で、それは言わば柏の“最強”のスタイルでもあるかもしれない。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月14・28日合併号
    4月23日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人が選ぶ
    Jリーグ歴代
    ベストイレブン
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ