「間違っている」「責任は自分が…」イングランド代表スターリング、衝突したゴメスへのブーイングに男気発言!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年11月15日

モンテネグロ戦は懲罰欠場

スターリング(左)がゴメス(右)に謝罪し、騒動は収まったのだが……。(C) Getty Images

画像を見る

 クラブでの小競り合いを引きずったことで、イングランド代表のチームメートが観客からブーイングされたことに、ラヒーム・スターリングは心を痛めている。

 マンチェスター・シティ所属のスターリングは、11月14日に行われたEURO2020予選のモンテネグロ戦でメンバーから外れた。リバプールのジョー・ゴメスと揉めたことが原因だ。

 11月10日のプレミアリーグ12節で、タイトルを争う首位リバプールに敗れたシティのスターリングは、試合終盤にゴメスとの間で緊張を走らせた。この時は何もなかったが、その後代表に合流した際にゴメスと再び衝突。ガレス・サウスゲート監督からモンテネグロ戦の懲罰欠場を言い渡された。
 
 スターリングは自らの過ちを認めて謝罪したが、7-0とイングランドが圧勝したモンテネグロ戦では、ゴメスが途中投入された際にウェンブリー・スタジアムの一部ファンからブーイングが飛んだ。

 これを受けて動いたのが、スターリングだ。SNSで「自分のせいだったことにより、チームメートがブーイングされるのを見るのはつらい」と、ファンに呼び掛けている。

「ジョーは何も間違ったことをしていない。とくに彼にとって難しかったなかで、黙々とハードワークする彼が、ブーイングされるなんて間違えている。自分がすべての責任を負い、その結果を受け入れたんだ」

 また、衛星放送『Sky Sports』によると、サウスゲート監督は「代表の選手ならだれであっても、ブーイングされるのは理解できない。我々はチームであり、ゴメスは何も間違ったことをしていない」と気遣った。

「今週、わたしはハッキリさせたはずだ。だから、理解できないね。チームの誰かがあのように扱われるのは見たくない。ブーイングしたファンにメッセージ? もう終わったことだ。我々は前進する」

 通算1000試合というメモリアルゲームで大勝し、EURO予選突破を決めたイングランドだが、思わぬかたちでケチがついてしまった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ