【東京五輪世代の最新序列|DF&GK編】正GK大迫の牙城は揺るがず。オランダで活躍する板倉の地位も堅いか

カテゴリ:日本代表

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2019年11月06日

左ストッパーでは町田が頭角を現わしているが…

11月17日のU-22コロンビア戦に向けた22人の最新序列。最終ラインではオランダで活躍する板倉がレギュラー筆頭だ。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 来夏の東京五輪に向けたU-22代表は11月5日、キリンチャレンジカップのコロンビア戦(11月17日/エディオンスタジアム広島)に臨むメンバーを発表した。A代表での活動がメインだった堂安律や久保建英らを招集し、森保一監督が「ベストメンバー」と語るスカッドだ。

 気になるのは22人の立ち位置だろう。ここではGKとDFについて最新の序列を検証する。

【GK】
◎大迫敬介(広島)
△谷 晃生(G大阪)

◎=レギュラー候補 〇=有力 △=バックアッパー


 A代表歴もあり、広島でレギュラーの座にある大迫が、正守護神で間違いない。G大阪U-23で経験を積み、10月のブラジル遠征でのU-20サンパウロとの練習試合でアピールした谷が今回も第2GKを務める。

【リベロ】
〇立田悠悟(清水)
〇渡辺 剛(FC東京)
 
◎=レギュラー候補 〇=有力 △=バックアッパー


 チーム発足時からコンスタントに招集され、10月のU-22ブラジル戦でこのポジションに入った立田の信頼は厚い。ただし、そのブラジル遠征で一気に序列を上げた渡辺もレギュラー候補に挙げられる。当時は右ストッパーを担当したが、原と岩田がいる今回は、中央が主戦場か。
 
【ストッパー(右)】
〇原 輝綺(鳥栖)
〇岩田智輝(大分)
 
◎=レギュラー候補 〇=有力 △=バックアッパー


 対人能力が高く、鋭い戦術眼を持つ原が有力候補。しかし鳥栖で定位置を掴み切れていないためか、先月のU-22ブラジル代表戦では控えに回っている。9月の北中米遠征(U-22メキシコ戦)で負った左足の怪我の影響を感じさせず、ここリーグ2試合でフル出場している岩田との差は縮まっているか。

【ストッパー(左)】
◎板倉 滉(フローニンヘン)
△町田浩樹(鹿島)

◎=レギュラー候補 〇=有力 △=バックアッパー


 今年3月のミャンマー遠征、9月の北中米遠征、10月のブラジル遠征で頭角を現わしてきているのが町田。ビルドアップ能力に優れるレフティで、190センチの長身も魅力だ。もっとも、A代表にも選ばれている板倉の壁はやはり厚い。オランダのフローニンヘンでも定位置を掴み、好調な板倉が、やはり一番手だろう。

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ