【J1ベストイレブン】3得点に絡んだガンバのFWをMVPに! 最多タイとなる7回目の選出となったアタッカーは?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年11月05日

静岡ダービーを制した磐田から2選手をチョイス

【30節のベストイレブン】

画像を見る

 J1リーグは11月1~3日にかけて第30節の9試合が開催された。その試合からサッカーダイジェストWeb編集部が選定したベストイレブンを発表する。

 いよいよ大詰めを迎えた終盤戦、最高の輝きを放ったのが、ガンバ大阪の宇佐美貴史だ。

 残留争いに巻き込まれているG大阪は、16位の湘南との直接対決で3-0と完璧な試合運びで快勝した。この試合で、CKで先制点を演出すれば、前半終了間際と後半の立ち上がりに2ゴール。全得点に絡む活躍を見せた宇佐美をMVPに選定した。

 さらに、その宇佐美とのコンビネーションからゴールを演出し、湘南のプレスを巧みにいなし、ゲームをコントロールしたMFの遠藤保仁も加えた。

 首位鹿島を追う、2位のFC東京からは、大分戦でゴールを決めた2人をチョイス。開始5分にチームに勢いをもたらす先制弾を決めたFWの永井謙佑は、最多タイの7回目の選出。直後に得意のヘッドで加点したDFの渡辺剛は、落ち着いた守備も光った。

 3位の横浜からは、FWの遠藤渓太を選出。先制ゴールを決めただけでなく、強烈なミドルやオフサイドで取り消されたゴールなど鳥栖の脅威となり続けた。またその先制点をアシストし、安定感あるプレーで攻守に貢献したDFのティーラトンも選んだ。

 優勝争い生き残りを懸けた広島との一戦で、ミスを帳消しにする決勝となるゴールを決めた川崎のマギーニョもセレクト。抜群のスプリント力を発揮した。

 下位に沈んでいるチームからも、残留に向け貴重な勝点獲得に繋がる好プレーを見せた4選手がベストイレブン入り。“静岡ダービー”を2-1で制した磐田からは、ビッグセーブでチームを勝利に導いたGKの八田直樹と、決勝弾をマークしたMFのアダイウトンを選出した。

 松本からは、敵地でのC大阪戦で勝点1を持ち帰るゴールを奪ったMFの杉本太郎と、敵の攻撃を弾き返し続けたDFの飯田真輝を選んだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ