【川崎】負傷直後に自らバツ印…途中交代の中村憲剛へチームメイトからはエール

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2019年11月02日

相手との接触で左膝を痛める

左膝を抱えながら担架で運ばれる中村。後半途中で負傷交代となった。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[J130節]川崎2-1広島/11月2日/等々力

 J1の30節で広島をホームに迎えた川崎は、21分に田中碧のゴールで先制。後半は広島に押し込まれる時間が続き、82分には同点に追い付かれたものの、直後のマギーニョのゴールで競り勝ち、順位を4位に上げた。

 もっとも66分にはアクシデントに見舞われた。トップ下で先発出場した中村憲剛が負傷交代を強いられたのだ。

 1点リードで迎えた64分。広島陣内の高い位置でプレスをかけようとボールにチャレンジした中村は、相手選手と接触。直後に苦悶の表情を浮かべた背番号14は自らバツ印を作り、左膝を抱えた。

 試合の2日前に39歳の誕生日を迎えたリーグを代表する司令塔は、この試合でも田中の先制ゴールをアシストするなど見せ場を作った。精力的なプレーで攻撃を引っ張っていただけに、まさかのアクシデントと言えただろう。

 中村はこの後、担架で運ばれ、齋藤学と交代。試合後には検査のため病院に向かったという。
 
 頼れる先輩の負傷に、チームメイトも不安げな表情を浮かべながら、エールを送った。

 試合後に言葉をかわしたというキャプテンの小林悠は「怪我をした瞬間は非常に痛そうでしたし、試合後には話をしましたが、軽症であることを願いたいです。早く戻ってきてほしいです」とコメント。

 登里享平は「あまり重くないことを祈るしかできないですが……、そういう(痛そうな)姿をあまり見せないので、どうなるか分からないですし、結果的に何事もないことが一番ですが、僕らはサポートをしたいです」とメッセージを送った。

 現状で状態は不明だが、今は軽傷であることを願いたい。

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【川崎 2-1 広島 PHOTO】田中のミドル弾炸裂!上位対決を制した川崎が4位浮上!
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ