【川崎】負傷直後に自らバツ印…途中交代の中村憲剛へチームメイトからはエール

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2019年11月02日

相手との接触で左膝を痛める

左膝を抱えながら担架で運ばれる中村。後半途中で負傷交代となった。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[J130節]川崎2-1広島/11月2日/等々力

 J1の30節で広島をホームに迎えた川崎は、21分に田中碧のゴールで先制。後半は広島に押し込まれる時間が続き、82分には同点に追い付かれたものの、直後のマギーニョのゴールで競り勝ち、順位を4位に上げた。

 もっとも66分にはアクシデントに見舞われた。トップ下で先発出場した中村憲剛が負傷交代を強いられたのだ。

 1点リードで迎えた64分。広島陣内の高い位置でプレスをかけようとボールにチャレンジした中村は、相手選手と接触。直後に苦悶の表情を浮かべた背番号14は自らバツ印を作り、左膝を抱えた。

 試合の2日前に39歳の誕生日を迎えたリーグを代表する司令塔は、この試合でも田中の先制ゴールをアシストするなど見せ場を作った。精力的なプレーで攻撃を引っ張っていただけに、まさかのアクシデントと言えただろう。

 中村はこの後、担架で運ばれ、齋藤学と交代。試合後には検査のため病院に向かったという。
 
 頼れる先輩の負傷に、チームメイトも不安げな表情を浮かべながら、エールを送った。

 試合後に言葉をかわしたというキャプテンの小林悠は「怪我をした瞬間は非常に痛そうでしたし、試合後には話をしましたが、軽症であることを願いたいです。早く戻ってきてほしいです」とコメント。

 登里享平は「あまり重くないことを祈るしかできないですが……、そういう(痛そうな)姿をあまり見せないので、どうなるか分からないですし、結果的に何事もないことが一番ですが、僕らはサポートをしたいです」とメッセージを送った。

 現状で状態は不明だが、今は軽傷であることを願いたい。

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【川崎 2-1 広島 PHOTO】田中のミドル弾炸裂!上位対決を制した川崎が4位浮上!
 
【関連記事】
【J1採点&寸評】川崎 2-1 広島|主役は天国と地獄を見た川崎DF。強烈ミドルの若きボランチも評価
【担当記者コラム】川崎らしいジェットコースターのようなルヴァン優勝に込めた監督&選手の真の想い
【ルヴァン杯決勝】右足首の負傷、ベンチスタート…苦難を乗り越え大一番で輝いた小林悠の魂の咆哮
【ルヴァン杯】過去4度の決勝では無得点…川崎の“負の歴史”を断ち切った阿部浩之の評価されるべき決定力
【ルヴァン杯決勝】“臆せず前に出た”札幌と“受けて立った”川崎。稀に見る好勝負の背景にあった互いの美学と意地

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ