岡崎慎司の3戦連発弾は幻に…ウエスカはテネリフェとスコアレスドローに終わる

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年11月03日

ヘッドでネットを揺らすも…

テネリフェ戦に先発した岡崎。惜しいチャンスはあったが……。(C) Rafa HUERTA

画像を見る

 現地時間11月2日に行なわれたラ・リーガ2部の第14節で、岡崎慎司の所属するウエスカが敵地でテネリフェと対戦。2試合連続ゴール中の岡崎は、いつも通り4-3-3のCFで先発した。

 その岡崎は13分、左サイドからのクロスをFWクリストが頭ですらしたところをヘッドで合わせる。強烈な一撃がネットを揺らすも、オフサイドをとられてゴールは認められない。

 チームがやや押され気味の展開のなか、その後も巧みな動き出しで惜しい場面を作り出した岡崎は、52分に味方のシュートをGKが弾いたこぼれ球を叩くが、シュートはDFにブロックされてしまう。

 72分にはテネリフェの左SBマザンが退場。その後は数的有利となったウエスカが攻勢を強めるも、最後までゴールを奪うことはできず、試合はスコアレスドローで終了。岡崎の3試合連続ゴールはならなかった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月23日号
    1月9日発売
    天皇杯優勝記念
    ヴィッセル神戸特集
    J1&J2全40クラブ
    2020冬の補強考察も
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ