大迫勇也、リーグ復帰戦で1アシスト! ブレーメンは後半ATの失点で5試合連続ドロー【ブンデスリーガ】

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年11月03日

約1か月半ぶりの先発

持ち味のポストプレーでチームの攻撃にアクセントを加えた。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間11月2日、ブンデスリーガ第10冊が行なわれた。ブレーメンはホームにフライブルクを迎えた一戦で、2-2のドローに終わった。

 この試合には9月の日本代表戦後に負傷離脱していた大迫勇也が復帰。先日行われたDFBポカールでは後半に出場し、復帰を果たしていたが、リーグ戦は約1か月半ぶり。復帰早々先発で3トップ中央に陣取り、前線から中盤まで幅広くカバーするプレーと、持ち前のポストプレーで攻撃を活性化した。

 そんな復帰早々の大迫が、試合開始9分で仕事をしてみせた。

 最終ラインからのボールを繋いで、大迫がセンターサークル付近でボールを受けると、フライブルクの背負いながらもキープし、前線に走り込んでいた左サイドのミロト・ラシチャにスルーパス。これをラシチャが冷静に蹴り込み、先制点を奪う。

 20分にはセットプレーから一度はフライブルクにゴールを許すも、スコアラーのロランド・サライのプッシングがとられてノーゴールに。しかし28分にはGKパブレンカのミスから失点し、1-1で前半を折り返した。

 ブレーメンは59分にゲブレ・セラシエの得点で勝ち越すが、その後はフライブルクGKフレッケンの度重なるスーパーセーブの砦を崩すことができない。

 果てには90+3分、セットプレーからニルス・ペーターセンに今日2点目を許す。GKのパブレンカの手に当たって吸い込まれたシュートにより、土壇場で引き分けに持ち込まれてしまった。

 試合はこのまま2-2で終了。これで5試合連続のドローとなった。

 大迫の復帰によってブレーメンの前線は活性化したが、守備の課題は未だ残されたままのようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
大迫勇也が約1か月半ぶりに実戦復帰! ブレーメンが2部クラブを下して3回戦へ【DFBポカール】
「ケイスケの考えがクリアになれば…」フィテッセの名将が“愛弟子”本田圭佑の獲得を熱望!
「彼は凄い!」「学べることが多い」グアルディオラ、ラグビー界の名将エディー・ジョーンズを絶賛!
「競争レベルに驚いた」「たとえ0-3で負けていても…」イニエスタが語る日本サッカーの魅力とは?
「審判のせいにするな」「言い訳だ」ピャニッチが“ユベントス優遇説”に反論!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ