ミラン&インテルの新スタジアム建設問題が一歩前進! サン・シーロはどうなる?

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2019年11月07日

市長は建設計画の見直しを求めている。

22-23シーズンからの新スタジアムの使用を計画しているインテルとミラン。構想は実現するのか。(C) Getty Images

画像を見る

 ミランとインテルが共同で計画する、自前の新スタジアム建設を巡る問題が一歩前進したようだ。
 
 先月28日にミラノ市議会は、スタジアム建設の是非を問う投票を行なった。結果は、賛成27票、反対が11票、棄権が7票となり、賛成多数となった。

 計画通りに事が運べば、新スタジアムは22-23シーズンから使用される予定。これまでの本拠地ジュゼッペ・メアッツァ(通称サン・シーロ)は老朽化が進んでいるものの、取り壊しはしないことで決定した。2026年の冬季五輪でも使用された後の使い道はこれから検討される。
 
 しかし全ての問題がクリアになったわけではいない。ベッペ・サーラ市長は、計画の見直しを求めているようだ。

 現地メディアによれば、スタジアムにホテルや娯楽施設などを併設するこの大規模なプロジェクトは、土地の確保や周辺環境への影響に課題が残る。そのうえ、両クラブが12億ユーロ(約1500億円)に上ると見込まれている総工費を賄えるのかという点も市は懸念して、条件付きの合意に留めているという。
 
 とはいえ、市議会の合意を得られたのは大きな前進だ。今後は両クラブが、完全合意を得るためにどのように計画を修正をするのかが注目される。
 
構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月23日号
    1月9日発売
    天皇杯優勝記念
    ヴィッセル神戸特集
    J1&J2全40クラブ
    2020冬の補強考察も
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ