セリエAで驚きの処分!「神を冒涜した」としてパルマMFが出場停止に…

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2019年11月01日

テレビカメラに抜かれて発覚

29日のヴェローナ戦が出場停止となったパルマのスコッツァレッラ。その理由とは? (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間10月28日、イタリア・サッカー連盟(FIGC)は、セリエAでプレーする2選手に驚きの裁定を下した。英公共放送『BBC』などが伝えている。
 
「神を冒涜した」として1試合の出場停止処分を受けたのは、サッスオーロのMFフランチェスコ・マニャネッリとパルマのMFマッテオ・スコッツァレッラだ。
 
 両者はセリエA第9節の試合中に、「神を貶める」発言をしたところがテレビカメラに抜かれていたという。

 記事によると、イタリアでは、みだりに神の名を使うことは厳しく禁じられており、FIGCも2010年から取り締まりを強化してきたようだ。

 昨シーズンも、神を犬呼ばわりしたウディネーゼのMFロランド・マンドラーゴラや「神は豚だ」と発言したアタランタのジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督が1試合の出場停止処分を受けている。 

 サッスオーロとパルマは、決定を不服として異議申し立てを行ない、前者のそれだけが認められ、マニャネッリの処分は取り消しに。30日のフィオレンティーナ戦に先発フル出場を果たした。だが、スコッツァレッラは29日のヴェローナ戦で、処分通りに出場停止となっている。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ