「可能なら大事な試合だけに出たい」「メッシのおかげで…」C・ロナウド、活躍の秘訣を赤裸々告白!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年10月30日

いまだ衰えぬ活力の秘訣は?

今シーズンも好調を維持しているC・ロナウドは、トップコンディションを保ち続けられる理由を明かしている。 (C) Getty Images

画像を見る

 ユベントスに所属するクリスチアーノ・ロナウドが、キャリア通算700得点という偉業を達成したのは、34歳となった今でも鍛錬を続けているからだ。

 イタリア衛星放送『Sky Sport』によると、C・ロナウドは、フランス誌『France Football』のインタビューで、活躍の秘訣について、「まずは才能が必要だ。それがなければ多くをやれない。でも、大事なのは練習だ」と述べている。

「仕事をちゃんとしなければ、才能も無意味だ。これほどの仕事をしてこなかったら、自分がこのレベルにたどり着くことはなかっただろうね」

 また、数字を意識してきたことも、偉大な記録をつくるのに役立ったようだ。C・ロナウドは、「19歳か20歳のころに、サッカーは数字なんだと分かった。タイトル、記録、ゴールだとね」と述べた。

「700得点はすごい数字だ。それを達成した選手がごくわずかという事実が、さらに誇らしくさせてくれる。最高のゴール? ユベントス相手にオーバーヘッドで決めたゴールだね。ずっとああいうゴールを決めようとしてきたんだ」

 興味深いことに、C・ロナウドは、「自分次第なら大事な試合だけに出たい。チャンピオンズ・リーグと代表戦だ。そういう試合にモチベーションを感じる」と認めたうえで、「でも、もちろん、家族や給料を支払ってくれるクラブへの敬意から、毎日、プロフェッショナルでいなければいけない」と続けた。

「自分には常に競争的であり、若く保とうという目標がある。僕の年齢でどれほどの選手がユベントスのようなレベルのチームでプレーしていることか。続けるには賢くなければいけない」

 長きにわたり、リオネル・メッシという強靭なライバルとしのぎを削ってきたことも大きいと言えるはずだ。C・ロナウドは、「彼とのライバル関係のおかげで僕らが向上したという人は多い。僕もある意味でそうだと思う。健全なライバル関係だった」と話している。

「スペインで彼と対戦してきたことで、僕らは最高の2選手になった。よりパフォーマンスを高められたんだ。それぞれのクラブのシンボルだった。マンチェスターにいた時より、マドリッドのころのほうが、彼の存在を感じていたよ。いずれにしても、モチベーションは他人によるものじゃないけどね。僕は常にトップにいたいんだ」

 トップにい続けるための意欲に、今だ衰えが見られないC・ロナウド。現代サッカー界で最高のクラッキは、2年目となるイタリアで、そして再び欧州や世界の頂点に立つことができるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月23日号
    1月9日発売
    天皇杯優勝記念
    ヴィッセル神戸特集
    J1&J2全40クラブ
    2020冬の補強考察も
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ