【ルヴァン杯決勝|採点&寸評/川崎】札幌 3(4PK5)3 川崎|MOMはふたりのヒーローで悩むも…貴重な同点弾の阿部らも評価

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2019年10月26日

川崎――ついに悲願を成就

【警告】札幌=菅(88分) 川崎=家長(115分)
【退場】谷口(96分)
【MAN OF THE MATCH】小林 悠(川崎)

画像を見る

[ルヴァンカップ決勝]札幌3(4PK5)3川崎/10月26日/埼玉スタジアム2002
 
【チーム採点・寸評】
川崎 7.5
 4度の準優勝というこれまでの苦難を表わすかのような戴冠劇だった。先手を取られ、試合終盤に逆転するも、後半のラストワンプレーで同点に追い付かれる。しかも延長戦では谷口が退場。それでもエースの小林の2ゴールの活躍もあり、PKへ持ち込んだ粘り強さは評価に値する。
 
 PK戦では長年、第2GKとしてチームを支えてきた新井が2本のシュートストップ! ついに大会初制覇を果たした。
 
【採点・寸評】
 GK
21 新井章太 8
ここ数試合に続いて大一番でもゴールマウスを任される。10分の失点シーンはシュートを褒めるべきだろう。それ以外の反応は鋭かったが、3失点は納得できないはず。もっともPK戦では相手の2本のシュートを阻む大活躍! 大会MVPに選ばれた。
 
DF
2 登里享平 6
右SBとして先発出場。攻撃時は中央でボールを受けるなど巧みなポジショニングでパス回しに参加。クロスにはもうひと工夫欲しかったが、10人になってからもよく踏ん張った。
 
34 山村和也 6
開始早々にはゴール前でFKを与えてしまう。札幌のカウンターにも苦しんだ印象で、フィードの精度もやや欠いた。それでも苦しい状況だった109分には小林のゴールをアシスト。
 
5 谷口彰悟 5
先制点を奪われたシーンではクロスをクリアし切れなかったが、相手の素早い攻撃には粘り強く対応。最終ラインの要として周囲を叱咤激励し、後半にはセットプレーからゴールを狙った。しかし延長に入ってチャナティップのドリブルを止めたプレーがVARでレッドカードの判定に。悔いを残したままピッチを去った。
 
7 車屋紳太郎 5.5
10分の失点シーンでは、白井にドリブルで抜かれてクロスを送られる痛恨の対応。その後は果敢に攻め上がった。谷口退場後にはCBとしてもプレー。PK戦ではシュートを失敗しただけに勝利に安堵した。

MF
25 田中 碧 6
より“らしさ”が出たのは後半。激しく寄せてボールを奪い、攻撃へ展開した。もっともバタついた場面もあり、本来の力を考えればもっとできたはず。前半終了間際には阿部のゴールにつながるCKは奪った。試合後は歓喜の表情。
 
10 大島僚太 6.5100OUT
冷静沈着でボールコントロールは抜群。司令塔としてチームを牽引し、ポゼッションの中心には常にその姿があった。88分の小林のゴールもアシスト。もっともカウンターを受けた際の守備では相手に突破を許す場面もあり、後半終了間際にはマークしていた深井に決められた。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ