【ルヴァン杯決勝】勝者なのに「複雑な気分」。札幌を労う小林の真意とは?

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2019年10月26日

妙な説得力があった小林のコメント

敗者の経験があるからこそ。小林の「悔しさが人を強くする」というコメントは印象深い。写真:田中研治

画像を見る

ルヴァンカップ決勝/川崎3(PK5-4)3札幌/埼玉スタジアム2002

 滅多にお目にかかれない、スリリングな試合だった。1-2からラストワンプレーで追いついた札幌の執念、そこから逆転されながらも延長後半に3-3とした川崎の粘り強さなど見どころ満載で、両チームの戦いぶりは評価に値するものだった。しかし──。

 表彰式、そして試合後のミックスゾーンでは勝者と敗者のコントラストがくっきりと浮かび上がった。象徴的だったのは、ミックスゾーンに現われたジェイの悲壮感漂う表情だ。「素晴らしいでしたが」という質問に対し、少し落胆した感じで唇を「ブルルルル」と振るわせた彼は「相当悔しいです。PK戦で負けるというのがすごくガッカリですね」とコメント。声のトーンからも大きなショックは伝わってきた。

 菅の先制弾をアシストした白井も、そのアシストにつながったドリブル突破にこそ手応えを掴んでいたが、「一番良い形は優勝で終わることだった。試合の締め方とかをもうちょっと上手くやればよかった」と悔しさを滲ませた。
 
 そんな札幌を見て、川崎の小林は「複雑な気分もあった」という。

「今日の展開では札幌が勝ってもおかしくなかった。そのぶん、悔しさは大きいでしょう。ただ、悔しさが人を強くするし、自分たちもそうやって強くなってきたところはあると思います。札幌には良い監督がいて、チームも良いサッカーをしているので、今回の戦いを経てお互いに成長できれば嬉しいです」

 過去ルヴァンカップの決勝で敗れた経験がある小林の言葉には妙な説得力がある。

 今大会では「グッドルーザー」に終わった札幌が、決勝での敗戦を糧に今後どう進化していくか。クラブとしての力量が問われるのは、むしろここからだろう。

取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)
 
【関連記事】
【ルヴァン杯決勝|採点&寸評/川崎】札幌 3(4PK5)3 川崎|MOMはふたりのヒーローで悩むも…貴重な同点弾の阿部らも評価
【ルヴァン杯決勝|戦評】敗者はいない。称えられるべき両チームのファイト
【ルヴァン杯決勝】歓喜の裏で涙した車屋紳太郎。PK失敗の舞台裏
【ルヴァン杯決勝】「全員かわしてやろうかと」。GK新井が振り返る“勝利のトライ”
「ドラマチック過ぎ」「泣いた!」中村憲剛がエースとの2ショット公開でルヴァン初制覇を報告!サポーターは歓喜、祝福、号泣…

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ