【ルヴァン杯決勝】「全員かわしてやろうかと」。GK新井が振り返る“勝利のトライ”

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2019年10月26日

勝利のトライに秘められた想い

PK戦で大活躍したGK新井はMVPに輝いた。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

 ルヴァンカップ決勝/川崎3(PK5-4)3札幌/埼玉スタジアム2002

 正真正銘のビッグセーブだった。PK戦の5巡目、これが決まれば札幌の優勝という局面で川崎のGK新井が石川のキックをストップしたセーブは、まさに値千金だった。

「決められたら終わりという状況で止めることができたので良かったと思いました。(札幌5人目のキッカーの場面では)相手選手のほうがプレッシャーは強かったはずなので、こっちはそれを上手く利用して冷静にコースにだけは入ろうと考えていました。どっちに飛ぶかは足の向きとか、そういうので最後の最後で決めました」(新井)

 このPKのシーンに限らず、試合を通して「ボールはよく見えていた」という。「3点決められているので、喜べない部分はある」ともコメントした新井だが、札幌6人目・進藤のキックも止めた彼の働きはMVPに相応しいものだった。

 実を言えば、その新井は進藤のシュートをキャッチすると、ゴール前から突然走り出した。

「シュートを止めた直後、皆が僕のところに向かってくるので全員かわしてやろうかと思って、走りました(笑)。目立とうかなと。ボールを持って走っていたら、ラグビーみたいなだなと思ってトライしました」
 
なぜ“勝利のトライ”を決めたのか。新井は、日本戦に限らずラグビーの映像をかなり観ていたこともあり、「ラグビーの映像を思い出して」トライをしたのだ。ちなみに、ラグビーの映像はコンスタントに観ていて、そうすることでチームの一体感の重要性などを再認識しているという。

 トライに使った“ウイニングボール”をコーチから受け取った新井。ミックスゾーンで「どこに置くか?」と訊かれた守護神は、「トイレにでも置こうかな」と記者団の笑いを誘っていた。自身も微笑んだその表情からは勝利の余韻が感じ取れた。

取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ