G大阪が倉田秋のヘディング弾で強敵相手に勝点1をもぎ取る!川崎は逆転優勝へ痛恨のドロー

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年10月19日

得点シーンで倉田と登里が接触し2名ともに立ち上がれず…

同点ゴールを決めた倉田。写真:徳原隆元

画像を見る

 J1リーグは、10月19日に29節の6試合を各地で開催。パナソニックスタジアム吹田で行なわれた、ガンバ大阪と川崎フロンターレの一戦は、川崎が猛攻を仕掛ける展開も、2-2のドロー決着となった。
 
 G大阪は好調のアデミウソンや宇佐美貴史が負傷で欠場し、渡邉千真が2トップの一角で先発。一方、川崎は怪我により戦線離脱していた大島僚太が約3か月ぶりにボランチとしてスタメンに名を連ねた。トップ下の中村憲剛との縦のラインの連係に注目が集まる。
 
 試合は開始早々の5分にスコアが動く。G大阪がパスを繋いで徐々にビルドアップすると、ペナルティーエリア手前左での混戦から、ボールを拾った小野瀬康介が強烈なシュートを放つ。バーを叩き、ゴールライン上でバウンドしてはね返ったボールを、つめていた渡邉が押し込んで、幸先良く先制。渡邉はリーグ戦2試合連続ゴールとなった。
 
 先手を奪ったものの、その後は川崎らしい強弱のあるパス回しに苦戦し、自陣に押し込まれ、守備に徹する時間が続く。ボールを奪っても厳しいチェックを受けて、前線まで繋がらず。
 
 しかし、しっかりと粘り強く守り切り、G大阪の1点リードで前半を折り返した。
 
 後半から川崎は、守田英正に代えて、U-22日本代表に招集され、ブラジル戦では2ゴールを奪うなど好調の田中碧を投入。大島と田中のダブルボランチが積極的にボールを引き出して散らすを繰り返し、川崎のコンビネーションがさらに勢いを増す。
 
 すると51分、左サイドで車屋紳太郎が相手DFを振り切って持ち上がり、クロスを上げると中央のレアンドロ・ダミアンが競って、ボールがゴール前にこぼれる。これに走り込んでいた大島がGKとの1対1を落ち着いて制し同点ゴールを挙げる。大島は11節・清水戦以来、約5か月ぶりの得点に。
 
 63分には、ペナルティーエリア内右からのクロスをゴール前で受けたL・ダミアンが相手を背負いながらも、反転して右足でシュートを放ち、勝ち越し弾を挙げる。
 
 しかし、川崎のペースで進んでいたが、直後の63分に右サイドのクロスから倉田秋にヘディングシュートを決められ、同点に追いつかれる。このときに、競り合った倉田と登里の頭が激しく接触し、お互いに起き上がれず、両名ともに途中交代を余儀なくされる。
 
 その後はカウンターの応酬となり、激しい攻防戦が繰り広げれるも、結局最後まで決着がつかず、2-2のドローで勝点1を分け合った。
 
 来週は、ACL、ルヴァンカップ、天皇杯が開催されるため、次節は1週間を空けて、G大阪は11月3日にアウェーで湘南と、川崎は2日にホームで広島と対戦する。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ