【U-22日本代表|採点&寸評】ブラジル撃破の最高殊勲は…コパ・アメリカでの汚名を返上するパフォーマンスを見せたボランチ!

カテゴリ:日本代表

飯尾篤史

2019年10月15日

無得点に終わった北中米遠征の反省を活かし、ミドルシュートの意識が高かった

U-22ブラジル代表戦のU-22日本代表のフォーメーション。3-4-2-1の布陣で臨んだ。

画像を見る

[国際親善試合]U-22日本代表3-2U-22ブラジル代表/ブラジル・レシフェ/10月14日

 ブラジルを敵地で撃破する大金星を挙げたU-22日本代表。果たして、そのパフォーマンスはいかなるものだったのか。現地取材を行なった記者がU-22日本代表のチームと選手個々の出来を評価する。

【U-22日本代表・総評】
6.5

 序盤から押し込まれ続け、PKによって失点した時には大量失点も覚悟したが、大崩れせずに粘り強く対応し、徐々に流れを掴み取った。とりわけ後半は、ボールを動かして相手のプレスをかわし、縦パスから一気に形成をひっくり返すなど、狙いとした攻撃が何度か見られた。無得点に終わった9月の北中米遠征の反省から、チーム全体としてミドルシュートの意識が高かったのも良かった。

【個人採点・寸評】
GK
1 大迫敬介 6

開始早々、キックを相手にブロックされ、あわや失点のミスを犯すも、後半は好セーブを連発して、チームをピンチから救った。

DF
2 立田悠悟 6

終了間際のPK献上は不運。身体を張って防いだり、鋭い縦パスを入れたりして攻守に貢献していたが、3バックの統率に関しては改善の余地あり。

4 町田浩樹 5
中山と連係して相手を挟み込んだり、ビルドアップや持ち運びでうまさを見せていただけに、足の裏を見せたタックルはいただけない。

15 渡辺 剛 5.5
開始15分ほどはプレーが安定せず、PKを献上したハイキックも軽率だった。だが、時間が経過するごとに落ち着きを取り戻した。

MF
3 中山雄太 7 MAN OF THE MATCH

ボールをシンプルに散らし、フィジカルコンタクトでも負けなかった。そして、強烈なスーパーミドル。低調だったコパ・アメリカでの汚名を返上した。

5 杉岡大暉 6.5
前半は対面のアントニーのスピードに翻弄されたが、後半はタフに上下動を繰り返した。高精度のクロスもゴール前に放り込んだ。

8 田中 碧 7
思い切りの良い2発のミドルシュートでチームを勝利に導いた。ただし、自身が認めていたようにボールロストなどのミスも多かった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ