「流石です」現地メディアも脱帽したU-22日本代表のブラジル撃破! 久保建英が歓喜のメッセージを送ったのは…

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年10月15日

DF橋岡大樹のSNSにコメントを残す

U-22日本代表のブラジル戦勝利を称賛した久保。 写真:佐藤博之

画像を見る

 ブラジルに遠征中のU-22日本代表が現地10月14日、レシフェでU-22ブラジル代表との国際親善試合に臨み、3-2で勝利を収めた。

 同代表にとっては、今夏のトゥーロン国際大会決勝でブラジルに敗れた後の“リベンジマッチ”ともいえるこの一戦。ブラジルはRBライプツィヒのマテウス・クーニャやコリンチャンスのペドリーニョらが先発し、ベンチには今夏に久保建英とともにレアル・マドリーに加入したロドリゴを置くなど、ヨーロッパの最前線で戦う選手たちを揃えた本気の布陣だった。

 試合開始15分に、PKで先制点を失った日本だったが、28分にMF田中碧のミドルシュートで同点とし、52分には再び田中のミドルで逆転。68分にはこの日キャンプテンマークを巻いた中山雄太が右ボックス外から強烈なミドルシュートを叩き込んだ。82分にエリア内でのハンドを取られてPKから失点を喫してしまったが、最後まで落ち着いて守り切った日本が勝利を手にした。

 米スポーツチャンネル『ESPN』の南米版も「若きセレソンの相手はとても手入れの行き届いたチームだった。日本の勝利のカギは、臆せず堂々と戦ったことだ。ブラジルよりスピーディーに、より組織化されている日本チームは、反撃の機会を窺い、いざその時にはほぼ完璧にプレーして見せた」と絶賛。試合後、日本の若き選手たちの多くが自身のSNSを更新し、喜びを滲ませている。

 そんななか、右ウイングバックで先発し、ドイツ1部レバークーゼンに所属するパウリーニョら強力なブラジルの左サイド陣と対峙した浦和レッズの橋岡大樹もSNSを更新。「VSブラジル3対2。自信に繋がる勝利。チームに帰ってもしっかり活躍出来るように頑張ります」(原文ママ)と発信した。

 これに反応したのが、現在、カタール・ワールドカップの2次予選に参加するため、タジキスタンへ渡っている日本代表MFの久保建英だ。現地15日に試合を控える久保は、どうやらこの試合をテレビ観戦していたようで、「シャペウ尽く止めてたね。流石です」とコメントで賛辞を送った。これに対し、橋岡は「3回くらいやられた。笑」と返信している。

 今回の森保ジャパンには、久保をはじめ堂安律、板倉滉などU-22日本代表と同世代の選手たちも選出されている。18歳で代表初ゴールを目指す久保にとっても、同世代の仲間の活躍はさぞ刺激になったことだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月21日発売
    課題はこれで解決!
    欧州ビッグクラブ
    「冬の改造プラン」
    FOOTISTAシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ