U-22日本代表、鮮烈ミドル3発でブラジルを敵地で撃破!田中碧が2発、中山雄太が3点目を奪取

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年10月15日

立ち上がりは押し込まれるも次第にペースを掴む

ブラジルを相手に同点ゴールを奪った田中(※写真は6月のトゥーロン国際大会)。(C) Getty Images

画像を見る

 ブラジルに遠征中のU-22日本代表が現地10月14日、レシフェでU-22ブラジル代表との国際親善試合に臨み、日本が3-2で勝利を収めた。


 今夏のトゥーロン国際大会では決勝で顔を合わせた両者は、PK戦の末にブラジルが勝利。日本にとってはリベンジとなる一戦となった。先発は、GKに大迫敬介。3バックは右から渡辺剛、立田悠悟、町田浩樹。ボランチは中山雄太と田中碧のコンビで右ワイドに橋岡大樹、左ワイドには杉岡大暉を起用。前線は2シャドーに三好康児と食野亮太郎が入り、1トップは小川航基という顔ぶれでスタートした。

 前半立ち上がり、日本はGK大迫からのパスをカットされ、いきなりピンチを迎えるが、ボールは枠を捉えず、なんとか難を逃れる。しかし15分には、ペナルティエリア内で渡辺が相手選手へのファウルを取られPKを献上。これをマテウス・クーニャに決められ、日本は先制を許した。

 それでも日本はブラジルに完全に主導権を渡さず、積極的なプレスでショートカウンターからチャンスを創出。28分にはブラジルを押し込むと、敵陣中央でボールを受けた田中が右足を一閃。相手GKも一歩も動けない強烈なミドルシュートが決まり、日本が同点に追いついた。

 その後も日本はチャンスをつくり出したが、前半はこのまま1-1で終了した。

 同点で迎えた後半、日本はブラジルの攻勢を凌ぐと52分に勝ち越しに成功する。カウンターからブラジルを押し込むと、中山の巧みなボールさばきからのラストパスを再び田中がミドルシュート。相手DFに当たったボールは、そのままブラジルゴールに吸い込まれ、ネットを揺らした。日本が2-1とリードする。

 ブラジルはその後、レアル・マドリーに所属するロドリゴを投入。前線のペドリーニョやパウリーニョ、ロドリゴらを軸に日本を自陣に押し込んでいく。
 
 しかし日本はまたしてもブラジルのゴールネットを揺らす。68分、左サイドでボールをキープした中山がペナルティエリア手前で左足を振り抜くと、強烈なミドルシュートが相手GKのニアサイドを破り、ネットに突き刺さる。日本がブラジルを相手に2点をリードした。

 2点をリードされたブラジルも反撃。82分、日本のハンドの反則を誘い、PKを得ると、ペドロが決めて1点差に迫る。さらに日本は85分に町田が相手への危険なタックルで一発退場となり、ひとり少ない状況に追い込まれてしまう。

 それでも日本は、最後までリードを守り切り、3-2でタイムアップ。ブラジルを敵地で破る金星を挙げ、トゥーロン国際大会でのリベンジを見事に果たした。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ