「ジャンプ力がすごい!」「シャビのパスがやばい」メッシが選んだ“意外な”「キャリアベストゴール」が大反響!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年10月10日

難易度や美しさよりも…

自身のベストゴールについて語ったメッシ。「らしい」という意見も。(C) Getty Images

画像を見る

 稀代のメガクラッキが選んだのは、やや“意外な”一撃だった。

 バルセロナのリオネル・メッシがこの程、スペインのラジオ局『RAC1』のインタビューに応じ、キャリアにおける自身の「ベストゴール」を明かした。

 これまでクラブと代表を合わせて700点近く叩き出してきたアルゼンチン代表FWが選んだのは、ローマのオリンピコで行なわれた2008-09シーズンのチャンピオンズ・リーグ決勝で、マンチェスター・ユナイテッドを相手に奪ったゴールだ。

 サミュエル・エトーの先制点で1点をリードして迎えた70分、右サイドから送り込まれたシャビの正確なクロスを、メッシは伸び上がるようにして頭で合わせて、勝負を決定づける得点を奪ったのだった。

 華麗な5人抜きゴールや技ありのループシュート、強烈なミドルやFKなど、それこそ数えきれないほどのゴラッソを決めてきたメッシが、得意とは言えないヘッド弾を選んだのは興味深い。難易度や美しさよりも、「重要性」を重視したということだろう。
 
 バルセロナの公式ツイッターは、「あなたは同意しますか?」というメッセージとともにこの大エースがセレクトしたベストゴールを紹介。すると、ファンから次のような意見が続々と寄せられている。

「私は賛成!」
「ベスト~」
「これは重要なゴールだった」
「ジャンプ力がすごい」
「シャビのパス精度がやばい」
「このゴールを選ぶのはメッシらしい」
「同意できないな」
「ノー!」

 このスーパースターは、この先も数々のゴールを決めていくだろう。はたして、このローマでのファイナル弾を上回る得点は生まれるのだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ