「大迫がいれば…」エース不在を契機に改めて考える。日本ではなぜ1トップが育ちにくいのか?

カテゴリ:日本代表

元川悦子

2019年10月09日

身体のバランスが安定する長身選手を辛抱して使い続ける時間的余裕のあるクラブが少ない

今回の10月シリーズを欠場する大迫。代役の問題は最大の懸案事項だ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

「大迫(勇也=ブレーメン)がいるわけじゃないんで、蹴ってもしょうがないですよね。前にそんなに大きい選手がいるわけじゃないからつないで崩していかないと。大迫がいれば彼を狙ってロングボールってのもあるだろうけど、なかなかそうもいかないですね」


 長友佑都(ガラタサライ)が苦渋の表情を浮かべた通り、10日の2022年カタール・ワールドカップ・アジア2次予選、モンゴル戦(埼玉)に臨む今回の日本代表には最前線で起点を作ってくれる絶対的エースFWがいない。代役候補の永井謙佑(FC東京)と浅野拓磨(パルチザン)はスピードタイプであり、鎌田大地(フランクフルト)は点取り屋というよりお膳立てを得意とする選手。高さや強さで勝負できる人材がいないため、日本がこれまでと異なる戦い方を見出さなければならないのは確かだ。

 大迫ひとりを欠くだけでこれほど大きな影響が出るほど、現在の日本には1トップをこなせる高さと強さを兼ね備えたFWが少ない。その要因を改めて考えてみたい。

 ひとつは大半のJクラブが助っ人FWに依存していることが挙げられる。今季J1得点ランキング上位をディエゴ・オリヴェイラ(FC東京)やマルコス・ジュニオール(横浜)、ドウグラス(清水)らが占めていることからも現状がよく分かる。目下、首位の鹿島アントラーズには伊藤翔、4位・川崎フロンターレにも小林悠、ACL4強を戦う浦和レッズにも興梠慎三といった日本人FWがいるものの、彼らはいずれも30代。若返りを目論む森保監督は代表招集に二の足を踏んでしまうのだろう。
 
 ふたつ目がFW育成の問題だ。かつてジュビロ磐田を指揮したことのある日本サッカー協会技術委員の内山篤氏が「日本のFWは30歳前後に円熟期を迎える選手が多い。中山雅史(沼津)も前田遼一(岐阜)がまさにそうだった」と語ったことがあるが、特に大型FWはその傾向が強い。平山相太(仙台大コーチ)やハーフナー・マイク(バンコク・ユナイテッド)が好例だが、長身選手は身体のバランスが安定するまで時間を要するため、早いうちから実戦の場で起用しにくいのだ。

 彼らを辛抱して使い続けて成長を待つという時間的余裕を持てる監督やチームはそう多くない。すぐに結果を出してくれる外国人FWを連れてくるか、技術とスピードのある小柄なアタッカーを並べた方が手っ取り早いのだ。結果として、香川真司(サラゴサ)や久保建英(マジョルカ)のようなタイプが若いうちから活躍し、ターゲットマン的FWは頭角を現わすのが遅れる。その積み重ねが、代表1トップ問題の遠因になっているのだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月10日号
    9月26日発売
    全4135選手!
    都道府県別
    Jリーガー
    輩出ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月3日発売
    欧州サッカー
    「衝撃の新世代」
    次代にスターを追え!
    4大リーグ序盤戦点検も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ