モウリーニョとの違いは? 72歳の大御所ホジソンがプレミアで監督を続けられる理由【英国人記者の眼】

カテゴリ:ワールド

スティーブ・マッケンジー

2019年10月07日

キャリアは8か国・43年に及ぶ

御年72歳のホジソンは、老いてなおやる気に満ちており、チームをプレミアに舞台に留まらせている。 (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 10月5日(現地時間)にロンドン・スタジアムで行なわれたプレミアリーグ第8節のウェストハム対クリスタル・パレスの一戦。私は、愛するチーム(ウェストハム)の戦いぶりを楽しみにする反面、プレミアリーグ史上最年長の監督に会うことを心待ちにしていた。そう、アウェーチームを率いるロイ・ホジソンだ。

 ここ数シーズンのプレミアリーグにおける監督たちの顔触れは、新進気鋭の若手が増えている。フランク・ランパード(チェルシー)、オレ・グンナー・スールシャール(マンチェスター・ユナイテッド)、ウナイ・エメリ(アーセナル)、メガクラブを率いるこの3人は、いずれも40代だ。

 若い監督が重宝される理由のひとつとして考えられるのは、SNSなどのあらゆることに関心を抱きやすい若い世代の行動にある程度の理解を示すと同時に、プロとしての模範的な態度を示せるからだと、私は考えている。

 話は少し逸れたが、監督に求められることが変化してきている昨今のサッカー界で、72歳のホジソンはクリスタル・パレスの監督として3シーズン目を謳歌している。2017年9月にフランク・デ・ブールの後任として招聘され、降格危機に瀕していたチームを立て直し、プレミアリーグに留まらせてきた。
 北欧4か国にUAEなど8か国で43年にも及ぶ監督キャリアを築き上げてきた“大御所”が、時にオールドスタイルなサッカーが批判されながらも、いまだに第一線で必要とされるのは、その振る舞いに秘密がある。

 ホジソンの記者会見で毎回感じるのは、学校の先生を思い出させるその言動だ。常に落ち着いていて、物議を醸すような言葉は決して言わない。そして、質問が正しくないと感じた場合には、その場でジャーナリストに訊きただすのである。

 また、彼は公の場でチームに不平を言うこともない。少なくとも私は聞いたことがない。

 新戦力の獲得に満足な資金が与えられなかったとしても、ジョゼ・モウリーニョやマウリシオ・ポチェティーノのように不満を訴えることはない。メガクラブとの資金力の差を受け入れ、現有戦力で盤石の組織を構築する。自軍の選手たちを想い、彼らのために全力を傾けるのだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ