• トップ
  • ニュース一覧
  • 「イライラしたけど…」マラガ戦に臨む岡崎慎司、34日で契約を解除した“古巣”への想いを吐露

「イライラしたけど…」マラガ戦に臨む岡崎慎司、34日で契約を解除した“古巣”への想いを吐露

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年10月06日

契約解除を余儀なくされた際の胸中は?

ウエスカで調子が上向きつつある岡崎。マラガ戦への期待も高まっている。 (C) Mutsu KAWAMORI

画像を見る

 今夏からスペインで挑戦を続けている日本代表FWの岡崎慎司が、“古巣”との一戦を迎える。

 現地時間10月6日に行なわれるラ・リーガ2部の第10節で、岡崎の所属するウエスカは、マラガを本拠地で迎え撃つ。33歳のサムライ戦士にとっては、思い入れのある一戦だ。

 今年7月にマラガに加入した岡崎だったが、サラリーキャップ制度を導入しているラ・リーガから、既定の選手年俸の上限を超えていたクラブに対して、選手の登録を制限する処分が下され、わずか34日間で退団。直後にウエスカとの契約を締結した。

 そのウエスカでは先月28日のジローナ戦では、バイシクルボレーによる鮮烈なスペイン初ゴールを決め、強烈なインパクトを残した岡崎は、スペイン・メディア『El Desmarque』の取材に応じ、古巣マラガとの対戦を「特別な試合」と表現した。

「マラガは素晴らしいチーム。みんなに会って、あそこで過ごした1か月間のことを感謝したいと思う。だけど、試合には勝たなければならない」

 さらに、「マラガには1か月いて、少しイライラさせられたけど、チームメイトやファン、クラブスタッフらと一緒に楽しんだ。あの場所を愛している」と語ったうえで、異例の契約解除を余儀なくされた際の胸中を、次のように明かした。

「とても失望した。他のクラブに行かないとシーズンの半分をプレーできない恐れがあって、そういった状況はこれまで一度も経験したことがなかった」

 だが、それでも「愛している」と表現したマラガとの対戦を、ポジティブな気持ちで迎えるようだ。続けざまにこう答えている。

「彼らと対戦するのが待ちきれない。あそこには素晴らしいコーチがいて、スペインの中でもレベルの高いチームだと思っている。当然、僕たちにとっても難しいゲームになるはずだ」

 古巣との対戦に闘志をみなぎらせる岡崎。はたして、調子が上向いているストライカーは、注目の一戦で再びネットを揺らせるか。大いに注目したい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集
【関連記事】
「日本国民に誇れる」「ドラゴンが宙を舞った」岡崎慎司のスーパーボレー弾にスペイン紙から賛辞続々!
「クボの話ばかりでうんざりだ」マジョルカ指揮官が相次ぐ久保建英への質問に苦言! 地元紙は「傑出した選手だから当然」と主張
「なんてこった!」「大空翼だ」中島翔哉の鮮やかターン&キレキレドリブル投稿に欧州興奮!
「マドリーの新たな希望だ」「衝撃を与える!」15歳・中井卓大のダブルタッチ&左足ミドル弾をスペイン紙が激賞!
「お前らはリバプールにビビってる!」「やり返すぞ」南野拓実らザルツブルクを奮起させたのは、指揮官の熱きスピーチ!?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ