【松本】「昨日のラグビーのように…」。金星を逃がした反町監督から感じ取れた本音は?

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2019年09月29日

この日のパフォーマンス自体はポジティブに映った

ホームでFC東京を相手に勝点1。この結果を反町監督はどう受け止めたか。写真:徳原隆元

画像を見る

[J1・27]松本00FC東京/9月29日/サンプロ・アルウィン
 
 FC東京をホームに迎えた松本の戦いぶりはポジティブに映った。引き気味の陣形で守り一辺倒というわけではなく、永井やセルジーニョ、杉本らの個人技で打開しようとする速攻もそれなりにハマっており、ゴールを奪うチャンスもあったからだ。
 
 優勝を争っている相手にスコアレスドロー。無失点に抑えたという点で高く評価できる内容だが、それでも試合後の反町監督に笑顔はなかった。
 
「我々の立場からいうと、やっぱり勝点3を獲らなければいけなかった」
 
 確かに27節を終えて下から2番目の17位。16位の鳥栖とは勝点3差であり、この引き分けを素直に喜べはしないだろう。ただ、悲観的になる必要もない。指揮官は言う。
 
「(相手は)現時点で日本のトップ・オブ・トップのチームですから、難しいゲームになるのは承知の上。向こうはひとり崩す力もあるし、スピードもありますし、決定力もありますし、ゼロに抑えたのは収穫です」
 
 それでも勝ちたかったというのが本音だろう。
 
「(観客数は)今季最多(の1万9271人)ですか。そこまでお客さんが入ったなかで、(日本がアイルランドを下した)昨日のラグビーのように喜んでもらいたったのですが……。残念な気持ちはあります」
 
 ただ、残り7試合。残留への希望は十分ある。
 
「全部勝点3を狙いますが、今日の試合を観ても分かるとおり、簡単に勝てる相手は当然J1にはいない。死に物狂いでやってようやく勝点1という感じですから。ギアをもうちょっと上げてやっていければいいと思います。今日の我々の出来で文句をいう人がいたら、それはちょっという感じがします」
 
 FC東京に勝てはしなかったが、死に物狂いで戦っていた松本のパフォーマンスに「文句をいう人がいたら」というのも反町監督の偽らざる本音だろう。
 
取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ