久保建英が3位に選出! バルサの16歳や“韓国の至宝”など躍動するヤングプレーヤーをスペイン紙が特集

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年09月28日

久保がJ・フェリックスやロドリゴを上回る

リーガの序盤戦を盛り上げている久保(左上)、ファティ(右上)、J・フェリックス(左下)、イ・ガンイン(右下)。今後も目が離せない。(C)Mutsu KAWAMORI,Getty Images

画像を見る

 ここまで6節が終了したラ・リーガを盛り上げているのが、ヤングタレントたちだ。

 その筆頭格がバルセロナのアンス・ファティとアトレティコ・マドリーのジョアン・フェリックスだろう。

 8月25日のベティス戦(2節)で、16歳と298日というクラブ史上2番目の若さでトップデビューを果たしたファティは、6日後のオサスナ戦(3節)でクラブ史上最年少得点記録を更新(16歳と304日)。大黒柱のリオネル・メッシが故障で出遅れた王者にあって、早くも不可欠な存在となっている。

 クラブ史上最高額の1億2600万ユーロ(約157億円)で加入したJ・フェリックスは、19歳とは思えない別格の輝き。開幕から全試合でスタメンを飾り、チームトップの2ゴールに1アシストと、攻撃を牽引している。

 レアル・マドリーのブラジル人コンビ、19歳のヴィニシウス・ジュニオールと18歳のロドリゴは6節のオサスナ戦でアベックゴール。とりわけ、デビュー戦で途中出場から1分で初ゴールを決めた後者の活躍は鮮烈だった。

 そのマドリーと16歳で契約し、レアル・ソシエダにレンタル中のマルティン・ウーデゴーも負けてはいない。4節には得意の左足で見事な一撃を叩き込み、アトレティコ撃破の立役者となれば、6節のアラベス戦では圧巻のスルーパスでミケル・オジャルサバルの先制点をアシスト。かつて「神童」と持て囃されて男が、20歳にしてついにその才能を開花させた。

【動画】“神童”の左足が炸裂!ウーデゴーのミラクルスルーパスはこちら!
 アジアの2人の18歳も異彩を放っている。マジョルカの久保建英とバレンシアのイ・ガンインだ。

 今夏にマドリーと契約し、マジョルカに武者修行に出た久保は、5節のヘタフェ戦でピンポイントクロスを供給して初アシスト。26日に行なわれたアトレティコ・マドリー戦では初先発を飾り、惜しいシュートを放つなど、強豪相手に小さくない存在感を発揮した。

 韓国の至宝は、同じ日に、久保より一足先にリーガ初ゴールをゲット。監督交代で揺れるチームで徐々に出場時間を増やし、そのチャンスを見事に活かした。

 彼らの活躍を受けて、スペイン紙『Marca』は、「ラ・リーガのU-20選手の革命」と題した特集を掲載。20歳以下のプレーヤーのパフォーマンスを伝えるとともに、「あなたのお気に入りのヤングプレーヤーは?」という読者投票を実施している。
 
【関連記事】
「クボの話ばかりでうんざりだ」マジョルカ指揮官が相次ぐ久保建英への質問に苦言! 地元紙は「傑出した選手だから当然」と主張
「なぜジダンは移籍させたんだ?」マジョルカ久保建英が放つ“異才”を南米メディアが絶賛!
「パスの天才!」「魔法だ」ついに覚醒した“神童”ウーデゴーのミラクルアシストにファン驚愕!
メッシも認めたスペインの16歳FWが東京五輪に飛び級参戦へ!? 過去には久保建英と共闘も
ロドリゴ、“怪物”ロナウドに次ぐ衝撃デビュー弾! 21世紀生まれ選手の“初得点”にジダンも「気に入った!」と歓喜

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ