【名古屋】シュート0本のジョーは、もう“怪物”ではないのか? 対峙した広島DFの肌感覚は…

カテゴリ:Jリーグ

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2019年09月29日

相手DFを背負うポストプレーは光っていた。

広島戦でジョーはシュート0本に終わった。写真●茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ27節]広島 1-1 名古屋/9月28日/Eスタ

 ジョーはもう“怪物”ではない――。

 広島戦の働きを記者席から見て、そう感じざるを得なかった。1トップでポストプレーに奔走するあまりに、ほとんどの時間帯でゴールに背を向けるプレーに終始。いくら昨季24ゴールを決めて得点王に輝いたとはいえ、まったく脅威ではなかった。実際、この日のシュート本数は0本だ。
 
 ではピッチ内では、広島のDFはどう感じたのか。3バックの中央でジョーと対峙した荒木隼人に話を聞いた。
 
「ゴール前にいると脅威なのは凄く感じました。特別大きな仕事をしている風ではなかったかもしれないですけど、そのなかでも常に警戒しないといけない危機感を与えてくる選手でした。やっぱり(身体を)掴まれてしまうと、力強くて動けないところがあった」
 荒木の肌感覚の通り、敵をものともしないジョーのキープ力は圧巻。屈強なフィジカルを活かして相手DFを背負い、ポストプレーは光っていた。

 さらにジョーは44分、ペナルティエリア手前で荒木を弾きながらボールを引き出し、前田直輝の同点弾をアシスト。これには荒木も「ちょっと(間合いを)空けてしまって、ちょっと左足で持たれてしまったのが、最後アシストにつながってしまった。1本で決定的な仕事をしてくるのは凄い選手だと思いましたし、そこをしっかりと押さえないと」と悔やんだ。
 
 昨季の24得点に比べて今季はまだ6ゴールと、ストライカーとして得点数だけで言えば、ジョーを“怪物”とはもう呼べないのかもしれない。ただ、荒木が言う通りシュート0本でもジョーは十分に脅威となる存在だ。

 ジョーの得点数が伸びてチームの結果にもつながれば、なお良いのはもちろんだが……、少なくともポストプレーヤーとして頼もしい存在であることは確かだ。
 
取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ