【J1展望】鹿島×札幌|勝てば暫定首位の常勝軍団。内田が約6か月ぶりに先発か!?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2019年09月27日

鹿島――連戦でも試合勘や連係面の仕上がりでは優勢か

故障者/鹿島=三竿 札幌=駒井
出場停止/鹿島=なし 札幌=ジェイ、鈴木

画像を見る

J1リーグ27節
鹿島アントラーズ―北海道コンサドーレ札幌
9月28日(土)/15:00/県立カシマサッカースタジアム
 
鹿島アントラーズ
今季成績(26節終了時):2位 勝点51 15勝6分5敗 48得点・23失点
 
【最新チーム事情】
●勝てばFC東京をかわして暫定首位に浮上。
●“中2週間”の札幌に対し、25日に天皇杯を戦った鹿島は“中2日”。
●その天皇杯ラウンド16の横浜戦で、中村と白崎が怪我から復帰。
 
【担当記者の視点】
 前節でFC東京との大一番を制し、ついに首位と勝点1差に。FC東京は29日に試合を行なうため、この札幌戦に勝てば暫定首位に浮上する。
 
 2週間ぶりの公式戦となる札幌に対し、鹿島は天皇杯ラウンド16の横浜戦から中2日。18日には広州恒大とのACL準々決勝第2レグも戦っており、コンディション面に不安は残る。だが試合勘や連係面の仕上がりでは優勢という見方もできる。また、右SBでは内田が約6か月ぶりに先発する可能性が浮上。三竿が離脱したボランチには小泉が入ると見られる。

【サポーター必見】カメラマンが厳選するJ1第26節の"ベストショット"ギャラリー!
【関連記事】
【鹿島】内田篤人が札幌戦で約6か月ぶりの先発復帰か? 「いつでも、とは思っています」
【鹿島担当コラム】“大事な試合”でしっかり勝利。国内3冠に向けて理想的な再出発
天皇杯、ベスト8が出揃う!浦和撃破のHonda FCとJ1上位対決を制した鹿島が激突!
札幌がクラブ初のルヴァン杯ベスト4進出!第2戦は敵地で広島の猛攻を耐え抜き1-1、2戦合計4-3で制す
「絶対に許すつもりはない」札幌FWへの差別的な投稿に大分が声明を発表。当人もツイッターでコメント

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ