【鹿島担当コラム】“大事な試合”でしっかり勝利。国内3冠に向けて理想的な再出発

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWEB)

2019年09月26日

国内3冠のチャンスは、鹿島だけにある

ACL敗退のショックを引きずらず、天皇杯のラウンド16では横浜に4-1で完勝。ここからが常勝軍団のプライドの見せ所だ。写真:滝川敏之

画像を見る

[天皇杯ラウンド16]鹿島4-1横浜/9月25日/カシマ
 
 大事なゲームだった。ここでもし負けてしまえば、タイトルをまたひとつ失うという以上に、チームの流れが、テンションが、悪い方向に行きかねない。
 
 1週間前のACL準々決勝第2レグ、ホームでの広州恒大戦は1-1のドローに終わる。スコアレスドローだったアウェーでの第1レグと合わせ、トータルスコアは1-1だが、アウェーゴールの差で大会敗退が決まる。アジア連覇は叶わず、“4冠”の野望が潰えた。
 
 そうした状況で迎えた横浜との天皇杯ラウンド16で、鹿島は4-1の圧勝を飾ってみせる。まだベスト8進出が決まっただけだが、ACLで敗れ去ったショックを引きずることなく、“復活”した姿をファン・サポーターの前で見せることができた。
 
「ACLで負けて、このままチームがズルズルいくのか。そういうところで、スタートとしては、やっぱり大事な試合だったと思う」
 
 この日はベンチに控えたまま、戦況を見守った内田篤人がチームメイトの戦いぶりを称える。幸先良く先制に成功したが、PKで同点に追いつかれる展開。だが、「そこで下を向かず、2点目、3点目、4点目っていうのは、監督を含め、みんなが(勝利を目指す)姿勢を見せようっていうのがあったと思う」。試合を振り出しに戻されても、“ズルズル”とはいかなかった。前半のうちに突き放し、リードを広げ、後半にダメを押した。
 
 1失点は喫したとはいえ、スコアが示すとおり、危なげのない勝利だった。横浜の高い最終ラインの背後を上手く突いた1点目と3点目、素早い攻守の切り替えから敵陣で奪い、スピーディな仕掛けでねじこんだ2点目、手数をかけず中央をこじ開けた鮮やかなカウンターからゴールネットを揺らした4点目と、多彩なゴールパターンはまさに痛快だった。
 
 横浜の重心の高い攻撃サッカーに、開始早々はやや面食らっていた印象だった。球際でも後手を踏み、ジワジワと自陣に押し込まれていく。試合の入り方は決して良くなかったが、焦れずに粘り強く対応し、最後の一戦は越えさせない。
 
 左右に振られても、中央は人数を割いて固めているから、簡単にはフィニッシュに持ち込ませない。中盤の4枚も適度な距離感でスペースを確実に埋めて、飛び出してくる相手にも不用意に反応せず、誘い込むように攻めさせて、ここぞというタイミングで奪いにかかる。2トップのプレスバックも献身的だった。
 
 いつも通りの手堅い戦いぶりと言えば、そうだったかもしれない。それをピッチ上で表現し、勝利を手繰り寄せる。横浜がレギュラー組のマルコス・ジュニオールや畠中槙之輔らを欠き、ベストメンバーでなかったことは差し引いて考えなければならないが、それでも、J1リーグ、ルヴァンカップ、天皇杯の“国内3冠”にシフトチェンジした今、その再出発となる“大事な試合”を、自分たちらしいサッカーでしっかりと勝ち切ってみせたのは大きかった。
 
 同日に開催された天皇杯のラウンド16では、ACLで4強入りしている浦和がJFLのHonda FCに不覚をとった。その他でも、FC東京や川崎、広島、C大阪など今季のJ1リーグで上位につけるチームが、すでに天皇杯から姿を消している。
 
 だが、鹿島は生き残っている。J1では勝点1差で首位FC東京に肉薄し、ルヴァンカップでは川崎との準々決勝が控えている。国内3冠のチャンスは、鹿島だけにある。ここからが、常勝軍団のプライドの見せ所だ。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【鹿島 PHOTO】ホームで快勝した鹿島。首位FC東京との勝ち点差はついに「1」!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ