「ゴールを決める感動が分かった」マドリーの“神童”ヴィニシウス、涙のゴラッソ! ジダンも賛辞を贈る

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年09月26日

約7か月ぶりのゴールに感極まって…

ブーイングにもめげず、久々のゴールを決めたヴィニシウス。人目をはばからずに涙を流した。 (C) Getty Images

画像を見る

 マドリーの神童に待望の一発が飛び出した。

 現地時間9月25日、ラ・リーガ第6節が行なわれ、本拠地サンティアゴ・ベルナベウでオサスナを迎え撃ったレアル・マドリーは2-0で勝利し、単独首位に浮上した。

 序盤からマドリーが優勢に進めた試合で、そのクオリティーを示したのが、ブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールだ。35分、相手ペナルティーエリアの左手前でトニ・クロースからボールを受けると、カットイン気味に持ち出してから右足を一閃。狙いすましたシュートは、ゴール右上へと突き刺さった。

 今年2月3日に行なわれたアラベス戦以来、約7か月ぶりのゴールというのもあって、ヴィニシウスは、感極まって涙を流して喜びを表現した。

 セレソンの未来を担うドリブラーのゴラッソにスペイン・メディアも賛辞を寄せている。マドリーの贔屓紙で知られる『Marca』は、「ベルナベウを驚かせたのはブラジルのサンバだった」として、次のように称えた。

「今夜はヴィニシウスのためにあった。アザールの温存にともなって起用された19歳のブラジリアンは、最高のスタートを切れずに群衆から痛烈な野次と口笛を浴びせられたが、それに素晴らしいゴールで返答した」

 試合後、ヴィニシウスは、「僕が上手くプレーできなかったから、口笛を吹かれるのは当然だった」と語ったうえで、得点直後に涙した理由を恥ずかし気に明かしている。

「でも、僕が夢に見たゴールができて本当に良かった。泣いてしまったのは、ホッとしたからだろうね(笑)。本来の僕自身になるのに長い時間がかかったし、今シーズンもここまでは良くなかった。僕はこの瞬間のために一生懸命に働いているんだ」

 ヴィニシウスを先発に抜擢したジネディーヌ・ジダン監督も、目を細めた。

「サンチャゴ・ベルナベウでゴールを決める感動が分かったね。ヴィニシウスの得点は彼にとっても重要だったし、我々にとっても幸せなものだった」

 クラブのレジェンドでもある指揮官からも称賛を受けたヴィニシウスは、ここから一気に調子を上げていけるのか。そのパフォーマンスに注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ