「ボールに絡むたびに何かを起こした」「センセーショナルだ!」初先発で躍動した久保建英を現地紙が大絶賛!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年09月26日

強豪アトレティコを相手に攻撃を牽引

47分に惜しいシュートを放った久保。次節での初ゴールが期待される。(C)Mutsu KAWAMORI

画像を見る

 現地時間9月25日に行なわれたラ・リーガ第6節で、久保建英が所属するマジョルカは、ホームで「3強の一角」アトレティコ・マドリーと対戦。0-2で敗れ、今シーズン4敗目を喫した。

 強豪相手になかなか決定機を作り出させなかったこの試合で、マジョルカの攻撃を牽引したのが移籍後初スタメンを飾った久保だった。

 4-1-4-1の右サイドハーフに入った日本代表MFに最大のチャンスが巡ってきたのは、1点をリードされた迎えた後半開始早々の47分だった。ダニ・ロドリゲスへパスを出し、そのままエリア内に進入してリターンパスを受けると、右足でシュート。ボールはブロックに入ったステファン・サビッチにリフレクトしてポストを叩き、跳ね返りがGKヤン・オブラクの身体に触れて、再びポストに当たったが、惜しくもゴールラインを割ることなくクリアされた。
 

 マジョルカの地元紙『Diario de Mallorca』は、この場面を「スピードと才能を兼備した驚くべきアクションでゴールに近づいた」と評価。また、69分に右サイドでトーマス・パーテイをかわして送り込んだ、アブドンの頭にぴたりと合わせた右足のピンポイントクロスについても、「センセーショナルだった」と称えた。

 記事は、「前半のマジョルカは出来が悪く、この日本人選手はかろうじて存在感を見せる程度だったが、後半は別人だった」と綴り、「彼がボールに絡むたびに違いを作り出し、何かが起こった」と絶賛した。

 あと一歩のところでラ・リーガ初ゴールを逃したとはいえ、小さくないインパクトを残した久保。29日に敵地で行なわれる次節アラベス戦での初ゴールが期待される。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ