「まさしく英雄」「熱狂の渦に巻き込んだ」劇的な決勝弾を決めた南野拓実をオーストリア・メディアが称賛!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年09月26日

北川との日本人対決で見せた南野

決勝弾を奪ってチームメイトと喜びを分かち合う南野。(C) GEPA pictures/ Philipp Brem

画像を見る

 オーストリアでの日本人対決は、“先輩”に軍配が上がった。

 現地時間9月25日、オーストリア・カップの2回戦が行なわれ、ラピド・ウィーンとレッドブル・ザルツブルクが対戦。延長戦までもつれこんだ一戦は、2-1で後者が勝利した。

 ラピド・ウィーンの北川航也と、ザルツブルクの南野拓実と奥川雅也による日本人対決が実現した一戦で鮮烈な輝きを放ったのは、オーストリアで在籍6年目を迎えた南野だった。

 最大の見せ場は試合終了間際にやってきた。北川の移籍後初得点でラピド・ウィーンが追いつき、1-1で突入した延長戦も残りわずかとなった121分だった。右から切り込んできたラスムス・クリステンセンのグラウンダーのクロスに、南野はバランスを崩しながらも、左足を伸ばしてボールの軌道を変える。これが相手GKの脇をすり抜けてゴールに吸い込まれたのだ。

 値千金の決勝弾でザルツブルクを勝利に導いた南野を、現地メディアも絶賛。数多くの賛辞が送られている。

 地元紙『Salzburger Nachrichten』は、「ビッグカップでタクミ・ミナミノがまさしく英雄となった。なんと素晴らしいことだろう。ハッピーエンドだ」と称賛。さらに衛星放送『Sky Sport』のオーストリア版も「日本人は幸運なパンチを見舞った」とゴールシーンを振り返ったうえで、「ミナミノはザルツブルクのファンを熱狂の渦に巻き込んだ」とと綴った。

 昨シーズンもオーストリア・カップを制したザルツブルク。難敵ラピド・ウィーンにディフェンディング・チャンピオンとしての意地を見せつけたチームにあって、南野は強烈な存在感を放った。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ